「宇宙戦艦ヤマト」第1作をベースにした新作シリーズ 『2199 追憶の航海』&『2199 星巡る方舟』を2週連続放送!

スポンサーリンク

全国無料放送のBS12 トゥエルビでは日曜よる7時より劇場版アニメや長編アニメに特化した『日曜アニメ劇場』を放送しています。11月14、21日は「宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海」「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」を2週連続でお届けします。

1.作品情報
11月14日(日)よる7時~「宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海」


©2012 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会

TVシリーズ全26話を、新たな視点で振り返る特別編集版

西暦2199年。人類は絶望の淵に立たされていた。外宇宙から襲来した謎の星間国家<ガミラス>による遊星爆弾により地球は壊滅的な被害を負い、人類滅亡までの猶予はわずか1年…。残された最後の希望、それは、人類初の恒星間航行が可能な宇宙戦艦<ヤマト>で、ガミラスの攻撃によって汚染された地球を浄化再生するシステム<コスモリバースシステム>を受け取りに行く<ヤマト計画>だった…。人類の命運を懸けた16万8千光年の大航海を追想する。

【キャスト】
菅生隆之、小野大輔、桑島法子、鈴村健一、大塚芳忠、麦人、千葉繁、久川綾、田中理恵、細谷佳正、平川大輔、チョー、赤羽根健治、國分和人、千葉優輝、佐藤利奈、内田彩、広瀬正志、伊藤静、茅原実里、若本規夫、秋元羊介、中田譲治、大塚明夫、井上喜久子、山寺宏一

【スタッフ】
原作:西﨑義展/構成:森田繁、加戸誉夫/ディレクター:加戸誉夫/編集:小野寺絵美/監修:出渕裕/ナレーション:小野大輔、桑島法子/アニメーションスタッフ:結城信輝、前田明寿/アシスタントディレクター:中野剛/CG制作協力:SUNRISE D.I.D./CGディレクター:今西隆志/音響監督:吉田知弘/音響効果:西村睦弘/音楽:宮川彬良、宮川泰

<TVシリーズ>
原作:西﨑義展/総監督・シリーズ構成:出渕裕/キャラクターデザイン:結城信輝/ゲストキャラクター・プロップデザイン:山岡信一/チーフディレクター:榎本明広/チーフメカニカルディレクター:西井正典/CGディレクター:今西隆志/メカニカルデザイン:玉盛順一朗、石津泰志、山根公利、出渕裕/セットデザイン:高倉武史、小林誠、渡部隆/コンセプトデザイン協力:宮武一貴/撮影監督:青木隆/美術監督:前田実/色彩設計:鈴城るみ子/音響監督:吉田知弘/音響効果:西村睦弘/音楽:宮川彬良、宮川泰/CG制作協力:SUNRISE D.I.D./アニメーション制作:XEBEC/製作:宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会

11月21日(日)よる7時~「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」


©西﨑義展/2014 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会

“ヤマト”40周年を記念した完全新作劇場映画

「宇宙戦艦ヤマト2199」の完全新作の劇場版。西暦2199年。イスカンダルで<コスモリバースシステム>を受領したヤマトは、大マゼラン銀河を後にしようとしていた。だが突如、戦闘民族<ガトランティス>と遭遇。指揮官の「雷鳴のゴラン・ダガーム」は艦の引き渡しを要求し、ヤマトに最新兵器<火焔直撃砲>を放つ。間一髪、ワープで追撃を振り切ったものの、薄鈍色の異空間へと迷い込んでしまったヤマトは、まるで意志を持ったように舵を切ると、謎の惑星へと誘われていく。惑星へ情報収集に降下した古代たちが見たものは…。

【キャスト】
菅生隆之、小野大輔、桑島法子、鈴村健一、大塚芳忠、久川綾、中村繪里子、近木裕哉、國分和人、赤羽根健治、石塚運昇、小川真司、江原正士、森功至、東地宏樹、諏訪部順一、園崎未恵、立花慎之介、ふくまつ進紗、大友龍三郎、甲斐田裕子、岩男潤子

【スタッフ】
原作:西﨑義展/総監督・脚本:出渕裕/キャラクターデザイン:結城信輝/チーフディレクター:別所誠人/チーフメカニカルディレクター:西井正典/メカニカルデザイン:石津泰志、玉盛順一朗/セットデザイン:青木薫、高倉武史、小林誠/撮影監督:青木隆/美術監督:谷岡善王/色彩設定:鈴城るみ子/編集:小野寺絵美/音楽:宮川彬良/音響監督:吉田知弘/音響効果:西村睦弘/CGディレクター:上地正祐/CG制作協力:SUNRISE D.I.D./アニメーション制作:XEBEC/製作:宇宙戦艦ヤマト2199製作委員会

2.「日曜アニメ劇場」とは

新作、旧作、隠れた名作まで毎週日曜よる7時は『日曜アニメ劇場』!劇場版アニメや長編アニメを中心に、映画、OVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション)やTV用に編集されたスペシャル版、時には特別編としてアニソンコンサートや2.5次元作品も?!無料放送ではなかなか出会えない貴重なラインナップでお届けします。

BROAD
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント