AKB48 横山由依 卒業メモリアルブック『深夜バスに乗って』11月27日光文社より発売!

スポンサーリンク

11月27日(土)発売のAKB48 横山由依卒業メモリアルブックのタイトルと表紙の写真が決まりました

  • 【おもな内容】

2009年9月20日に「AKB48の9期生オーディション」に合格した横山由依。2015年12月8日から2019年3月31日までAKB48グループ2代目総監督を務めた彼女が約12年間のAKB48としての活動に幕を閉じ、卒業することを発表した。

・11月27日にパシフィコ横浜で卒業コンサート、12月9日にAKB48劇場で卒業公演をおこなう。
・卒業を記念して、卒業メモリアルブックを卒コンと同じ11月27日に発売することが決定。
・タイトルは、コンサートタイトルと同じ、「深夜バスに乗って」に決定。

このタイトルは、横山がAKB48の仮研究生時代に毎週末、京都から深夜バスでレッスンに通っていた有名なエピソードから来ています。
深夜バスに乗って始まった12年間のAKB48生活は、12月9日にAKB48劇場で幕を閉じます。
表紙の写真は、握手会で通い慣れた場所・幕張のホテルで爽やかな陽光を窓越しに浴びている、ほぼすっぴんの写真になります。

12年間を凝縮した卒業メモリアルブックは、60ページに及ぶ撮り下ろしに加え、12年間の軌跡を振り返る「ゆいはんHISTORY」、現総監督の向井地美音との対談、総合プロデューサーの秋元康氏との対談も掲載。また、卒業生、現役メンバーをはじめ、たくさんの方からのメッセージや思い出写真も満載。ほかに1万字インタビュー、名言など、横山由依のAKB48の歴史が詰まったメモリアルな内容となっています。

(左)通い慣れたAKB 48のレッスン場で、自前のレッスン着で。
「私といえば、青のジャージーというほどこれを着てレッスンしました(笑)」(横山由依)
(中央・右)握手会で幾度となく訪れた幕張メッセの近くのビーチで。
「こんなに綺麗な海が近くにあったんですね。海が大好きなので、
卒業メモリアルブックの撮影で来れて嬉しかったです」(横山由依)

  • 横山由依コメント

「卒業のメモリアルブックを出すことが決まって本当に嬉しいです。通い詰めたレッスン場やレコーディングスタジオ、劇場など思い出の場所を巡りながら撮影したり、私の12年の思いがぎゅっと詰まった一冊になっています。タイトルの『深夜バスに乗って』には、京都から東京に通っていた16歳の頃の思い出と、これからも忘れてはいけない気持ちが込められています。
表紙に選んだ写真は、あまり写真ではお見せすることがない、ほぼすっぴんの私です。等身大の自分が映っていてお気に入りの一枚です」

本作の発売に際して、写真集公式ツイッター・横山由依卒業メモリアルブック【公式】@yuihan_kobunshaを開設します。最新情報、オフショット、メイキングムービーなどのコンテンツを発信していきますので、ぜひフォローをお願いいたします。

  •  <PROFILE>

よこやまゆい 1992年12月8日生まれ 京都府出身 身長:158cm 特技:ドラム、側転&逆立ち 趣味:音楽鑑賞、フィルムカメラ。2009年9月20日、AKB48 第六回研究生(9期生)オーディションに合格。2015年12月8日から2019年3月31日までAKB48グループ総監督を務めた。2021年12月9日、AKB48劇場で卒業公演をおこなう。

【書誌詳細】
タイトル:AKB48 横山由依卒業メモリアルブック『深夜バスに乗って』
撮影:桑島智輝
発行:光文社
発売日:2021年11月27日(土)
定価:2200円(税込み)
判型:B5判ソフト 132ページ

BOOK
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント