BTS(防弾少年団)J-HOPE、2PM Jun.Kほか多くの韓国スターが愛読する詩集が日本上陸!

スポンサーリンク

かんき出版は、『愛だけが残る』(ナ・テジュ/著、黒河 星子/訳)https://kanki-pub.co.jp/pub/book/details/9784761275785を2021年11月4日より全国の書店・オンライン書店等(一部除く)で発売いたします。

◆5000ページの中から選りすぐった“愛をうたう”詩集
★韓国国内著者累計110万部突破‼
★BTS(防弾少年団)J-HOPE、NCTテヨン、少女時代ユナ、2PM Jun.K、俳優イ・ジョンソクなど、世界的人気K-POPアーティスト、著名人たちが愛する国民的作家。
★日韓累計67万部突破の大ベストセラー『花を見るように君を見る』著者、待望の第2弾!
「何度読んでも泣ける」「人生で大切にしたい一冊」「心が浄化される」など、日本でもあらゆる世代から感動と共感の声、続々。

韓流ブームが続く日本。映画やドラマ、音楽のほか、韓国の著者による書籍の人気も高まっています。
そんな中で、注目されているのが詩集です。韓国では、ドラマなどにもたびたび詩集が登場するなど詩は日常的に親しまれ、日本でもそれらの翻訳版が反響を呼んでいます。

本書は、韓国国内で著書累計110万部以上の売り上げを誇る国民的作家ナ・テジュ氏が、今まで書き綴った5000ページの詩の中から「愛」に関する詩だけを選んで編んだ詩集です。
ナ・テジュ氏といえば韓国の人気ドラマ「ボーイフレンド」劇中の重要シーンで使用され、60万部の大ベストセラーとなった詩集『花を見るように君を見る』が代表作ですが、その中に収録されている「草花」は韓国で最も愛されている詩として有名です。
日本語版もSNSを中心に広がり、詩集では異例の6万5000部のベストセラーとなっています。

◆心に寄り添う祝福と癒やしの一冊

収録された142編の詩は、どれもやさしく、温かく、人々の日常に溶け込むような詩ばかり。
日常が不安の中で揺れる瞬間、祝福と癒やしを惜しまず届けてくれます。
コロナ禍で一層心に響く詩です。
詩を愛する人も、あまり馴染みのない人も、何度も読み返したくなる一編が必ず見つかるに違いありません。

****************************

人生で大切なことについて質問されたら、一番に愛、二番めも愛、三番めも愛だと答えたいと思っています。私たちはこれまで、愛せないために憂鬱になり、愛せないために悲しみ、つまるところ愛せないために不幸だったと伝えてあげたいのです。

愛だけが答えです。愛だけが残るのです。つまり、私たちは愛さなければならず、愛されるべきです。愛は決して空にかかる虹のようなものではありません。私たちの傍らで、私たちの胸につねに準備されている心です。私は自分の詩を通して、全世界の人に愛を捧げたいと思います。世の中のすべての恋人たちに、すべての妻たちに、すべての娘たちに。

(「はじめに 作者のことば」より)

◆日本語版は初版限定イラスト版表紙!

日本語版は初版限定でイラスト版表紙になります。部屋に飾っておきたくなるような美しいイラストは、ベトナム在住のイラストレーターXuan Loc Xuan氏のもの。見ているだけで心が浄化されるようです。
Amazonや楽天などのネット書店では予約が殺到した場合、イラスト版表紙が売り切れている場合がございます。どうしてもイラスト版表紙が欲しいという方は、店頭でお確かめのうえご購入いただけますと幸いです。

【目次】

はじめに 作者のことば「愛だけが答え」
1部 人知れず呼びたい名前
世の中のすべての恋人たちへ
2部 あなたがいることが、ただ幸せ
世の中のすべての妻たちへ
3部 きみを想えば、胸の中に新芽が芽吹く
世の中のすべての娘たちへ
おわりに 日本語版に寄せて「詩は祝福です」

【著者プロフィール】

ナ・テジュ
作家・詩人。1945年、忠清南道生まれ。1963年、公州師範学校を卒業。1964年、中学校教師として赴任し、2007年、公州長岐小学校の校長として43年間の教師生活を終え、黄條勤政勲章を授与された。1971年、『ソウル新聞』の「新春文芸」に詩が入選したことをきっかけに詩人になる。1973年、初の詩集『竹やぶの下で』を出版して以来、エッセイ集、童話、詩画集など、これまで150冊以上の本を刊行。とくに、2015年に出版した『花を見るように君を見る』は、韓国の人気ドラマ『ボーイフレンド』(ソン・ヘギョ×パク・ボゴム主演)劇中の重要シーンで使用され、 発売から再び大ブームを巻き起こし、老若男女問わず共感を集め60万部を超える大ベストセラーとなった。
韓国では、俳優イ・ジョンソクをはじめ、世界的人気アイドルグループBTS(防弾少年団)RMやJ-HOPE、BLACKPINKジス、NCTテヨンなど、多くの著名人の愛読書となっている。
現在、「ナ・テジュ草花文学館」を設立・運営し、草花文学賞、海外草花詩人賞、公州文学賞などを制定、行賞している。2020年から2年の任期で韓国詩人協会会長を務めている。

黒河星子(くろかわ せいこ)
韓日・英日翻訳家。1981年生まれ。京都府出身。京都大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学。共訳書に『世界の核被災地で起きたこと』(原書房)、『三階書記室の暗号 北朝鮮外交秘録』(文藝春秋)、『花を見るように君を見る』(かんき出版)などがある。

【書誌情報】
書名:『愛だけが残る』
定価:1,650円(税込)
判型:四六判
体裁:並製
頁数:232頁
ISBN:9784-7612-7578-5
発行日:2021年11月4日
https://kanki-pub.co.jp/pub/book/details/9784761275785

BOOK
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント