小林直己(EXILE/三代目 )初のエッセイ本 「選択と奇跡 あの日、僕の名字はEXILEになった」 が11月24日発売

EXILE/三代目 J SOUL BROTHERSの小林直己が著書『選択と奇跡 あの日、僕の名字はEXILEになった』 を文藝春秋より2021年 11月24日に刊行することが発表された。

また11月18日発売の「週刊文春」にて、撮り下ろしフォトも先行公開される。

◆書籍概要

EXILEがくれた夢。それはEXILEになること。
そう選択した日から、全てが変わり始めた。

将来は音楽の道へ夢を抱いた少年は、不登校になってしまいます。
ある日、兄に「渋谷に行け」と言われた言葉のままに渋谷に行き、ダンスに夢中になります。
AKIRAとの出会いによって、ダンスをする姿を見て、
「あのステージに立ちたい」そう願った瞬間から、奇跡が起こります。
EXILEに加入し、HIROに人生を預け、三代目 J SOUL BROTHERSのリーダーとなりました。英語を学び、海外の映画作品やパリコレに出演するなど、さまざまなエンタテインメントへ挑戦していきます。

人生は奇跡の連続。奇跡は自分で選び取れる――。
その言葉を体現した小林直己の歩んできた道をたどり、生きる上で大切なものは何かを気づかせてくれる一冊です。

第一幕 LDHとEXILE
第二幕 EXILEという夢の作り方
第三幕 「三代目 J SOUL BROTHERS」という運命
第四幕 小林直己
第五幕 選択と奇跡

小6で始めたアコースティックギター/不登校になった少年時代/人生を変えた「兄からの一言」/友達のいない修学旅行/哲学科の大学生に/所持金100円の空腹時代/AKIRAとの出会い/EXILEの秘密/末っ子が三代目J SOUL BROTHERSのリーダーに/ラタタダンスは、どこからきたのか?/ライブでは“全員敬語”/理想のリーダーHIRO/人を成長させる場所 LDH/首の神経損傷手術/英語を学び、海外映画作品に挑戦/ステイホームがもたらしたもの

◆小林直己コメント

生きていると毎日のように訪れる大小さまざまな選択。
僕が選択してきた道の上には
たくさんの奇跡がちりばめられていて、
その奇跡を拾い集め、今を生きているということに
この本を書いて気付かされました。


◆小林直己(こばやし・なおき)

千葉県出身。EXILE/三代目J SOUL BROTHERSのメンバー。俳優としても活動し、ウォッシュ・ウエストモアランド監督Netflixオリジナル映画『アースクエイクバード』(2019)、行定勲監督CINEMA FIGHTERS『海風』(2019)に出演。2020年にYouTubeチャンネル「Naoki’s Dream Village」を開設。

◆『選択と奇跡 あの日、僕の名字はEXILEになった』書誌情報

著者:小林直己
出版社:文藝春秋
発売日:2021 年11 月 24 日
定価:1,980 円

BOOK
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント