「生田緑地ばら苑」5月6日(金)~2022年5月22日に春の一般開放!

スポンサーリンク

川崎市多摩区の「生田緑地ばら苑」は、2022年5月6日(金)~5月22日(日)の間、春の一般開放を行います。

「生田緑地ばら苑」は、多摩丘陵の樹木林に囲まれ、緑の中にある「秘密の花園」として親しまれています。春には、約800種、約3,300株のバラが咲き誇り、四季咲き大輪、中輪、ミニバラなどの他、春は特につるバラも楽しむことができます。
苑内を埋め尽くす満開のバラ風景は圧巻で、地域の方々はもちろん、県外からも毎年多くの方が訪れます。

自然の中のローズガーデンで春のおでかけを楽しんでみてはいかがでしょうか。

生田緑地ばら苑
1958年に小田急線開業30周年記念事業として遊園地内に開苑し、当時は「東洋一のばら苑」と称されました。
2002年の向ヶ丘遊園の閉園に伴い、ばら苑の存続を求める多くの市民の声に応え、川崎市が運営を引継ぎ、現在では約150人のボランティアの方々を中心に苑内の管理やバラの手入れを行っています。

ばら苑募金
「生田緑地ばら苑」は、ばら苑では珍しく無料で開放しており、苑内ではバラの育成や苑内の管理向上のため募金を行っています。

  • 実施概要

開苑期間:2022年5月6日(金)~2022年5月22日(日) ※休苑日なし
開苑時間:平日10:00~16:30 土日9:00~16:30 ※最終入苑16:00
入苑料 :無料
場所  :神奈川県川崎市多摩区長尾2-8-1
アクセス:
(徒歩)小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口から徒歩20分
JR南武線「宿河原駅」から徒歩23分
(バス)小田急線「向ヶ丘遊園駅」南口から川崎市市営バス、
東急バス「藤子・F・不二雄ミュージアム」バス停下車
東急田園都市線「梶が谷駅」から東急バス「藤子・F・不二雄ミュージアム」バス停下車

※駐車場は台数に限りがありますので、公共交通機関のご利用をお願い致します。
※新型コロナウイルスの感染状況によっては開苑期間の短縮または中止をする場合があります。

【新型コロナウイルス感染拡大防止対策】
・体温が37.5度以上の方は入苑をご遠慮ください。
・入苑の際はマスクを着用し、他の方と2m程度距離を空けご鑑賞いただくようお願い致します。
・各種イベント(ガイドツアー、バラの育成講習会)等は中止します。
・苑内での食事は禁止とさせていただきます。

  • お得なおでかけチケットが手に入る !“Emot(エモット)”

小田急電鉄が提供するMaaSアプリ「EMot(エモット)」にて、「川崎市立日本民家園」入園券と、川崎市バス1日乗車券がセットになったお得な「生田緑地おでかけチケット」を先着1,000名様限定で販売中です。ばら苑と併せて、古民家の野外博物館である日本民家園にも是非お立ち寄りください。

大人:500円
(※先着1,000枚まで 以降、通常価格1,010円)
子供:260円
公式HP:https://www.emot.jp/

TRAVEL
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント