阿部寛&横浜流星が表紙を飾る「ドラマコンプリート2022冬」が1月4日発売

スポンサーリンク
「デジタルTVガイド全国版2022年2月号増刊 ドラマコンプリート2022冬」が1月4日(火)に発売いたしました。地上波、BS、CS、そして配信と幅広い番組情報を掲載する「デジタルTVガイド」がおくる2022年冬の新ドラマガイドブック「ドラマコンプリート2022冬」。作品ごとに、キャストインタビューや人物関係図などをたっぷりと掲載。新しい年の幕明けを飾る注目作の魅力を詰め込んだ一冊です。全国の書店、ネット書店でご購入いただけます。



「デジタルTVガイド全国版2022年2月号増刊 ドラマコンプリート2022冬」(東京ニュース通信社刊)

表紙&巻頭を飾るのは、日曜劇場「DCU」に出演する阿部寛横浜流星。「お芝居のキレが良くて、初めて2人のシーンを撮った時に、『これはいいバディ感を出せるな』とうれしかった」(阿部)、「すごく熱い方だなと思いながら、いつもコッソリ見て学ばせていただいています」(横浜)と、バディを組む2人がお互いへの思いを語る。さらに水の中に隠された謎に迫る本作にちなみ、得意な泳ぎ方など2人の“水”にまつわるお話も。

さらに、新ドラマキャストを総力取材。「ミステリと言う勿れ」の菅田将暉、「ドクターホワイト」の柄本佑、「恋せぬふたり」の岸井ゆきの高橋一生濱正悟、「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」の高畑充希、「僕を主人公にした漫画を描いてください! それをさらにドラマ化もしちゃいます! ! 」の町田啓太、「ゴシップ#彼女が知りたい本当の〇〇」の黒木華、「愛しい嘘~優しい闇~」の波瑠林遣都、「わげもん~長崎通訳異聞~」の永瀬廉、「逃亡医F」の成田凌、「鹿楓堂よついろ日和」の小瀧望大西流星、「おいハンサム!!」の吉田鋼太郎、「#居酒屋新幹線」の眞島秀和、「しもべえ」の安田顕白石聖、そして大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の小栗旬が登場します。

その他にも、注目のアジアドラマを大特集。「陳情令」で大人気のシャオ・ジャンワン・イーボーの最新作を紹介するほか、Netflixの超話題作「地獄が呼んでいる」で“議長”を演じるユ・アインのインタビューも掲載。W表紙仕様なので、裏表紙にもご注目ください。

【商品情報】
「デジタルTVガイド全国版2022年2月号増刊 ドラマコンプリート2022冬」
●発売日:2022年1月4日(火)
●定価:990円
全国の書店・ネット書店(honto<https://honto.jp/netstore/pd-magazine_31403388.html>ほか)にてご購入いただけます。

PHOTO
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント