京本大我「週刊朝日」の表紙に登場!「SixTONESの中にいると完全に甘えっぱなし」

今週の週刊朝日の表紙&カラーグラビアには、SixTONESの京本大我さんが登場。「舞台のことなら京本に聞く」とメンバーが信頼を寄せるほど数多くのミュージカル作品に出演してきた京本さんですが、スペシャルインタビューでは、「やりたいのかって言われると、わからない」という意外な言葉が──。

今秋、ディズニーの大ヒット作「ニュージーズ」の日本公演で主役に挑む京本大我さん。ミュージカル作品の出演経験が豊富ですが、それが自分の強みと感じるかという記者の質問には「強みって言い切れるほど、まだ結果は出せていないです」としながらも、「でも舞台はナマモノで、お客さんからすべてが見えるからごまかしがきかない。ぼろも出やすい。だからこそ、鍛えられるんです。力をつけるなら俺にはミュージカルがいちばん合ってるかなと思います」と、ミュージカルというジャンルへの思い入れを語ってくれました。「ニュージーズ」は元々、昨年5月に上演予定だったものが、コロナ禍で全公演中止に追い込まれた作品。再び上演が決まったことに、京本さんは「いくつもの奇跡が重なった巡り合わせの結果だと思っています」と語ります。今作にかける意気込みや、二十歳を超えたここ数年で「信じちゃう病」にかかったという気になる話まで、読みどころ満載のインタビューとなりました。

PHOTO
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント