函館の赤レンガ倉庫をリノベートした「NIPPONIA HOTEL 函館 港町」が4月16日にオープン!

歴史的な邸宅や町家を改修した分散型ホテル「NIPPONIA HOTEL 函館 港町」が4月16日にオープンします。

NIPPONIA HOTEL 函館 港町について

重要伝統的建造物群保存地区に指定される函館は、赤レンガ倉庫や教会建築群をはじめ、函館が最も繁栄した明治末期・大正・昭和初期に建築された和風・洋風さらには和洋折衷様式の建築物が多く残されており、これらが坂道、街路などと融合した美しいまちなみが広がります。

NIPPONIA HOTEL 函館 港町は、保存地区内の赤レンガ倉庫群地区に位置し、函館港に面した区画にある観光の中心地に位置しています。函館・北海道の旅を楽しむ拠点として、これまで活用のされてこなかった倉庫建築を、全9室の宿泊施設へリノベーションいたします。


NIPPONIA HOTEL 函館 港町のコンセプト

【北の港町リゾート】
まちの在り方を体験する
函館が国際交易のまちと行った歴史的な背景の中で、洋と和の調和、海外の文化を取り入れ、自分たちの暮らしやまちに生かしたように、まちの在り方を体験する函館での旅を通して、自身の暮らしに調和を生む気づきを提供いたします。

函館のまちは、港町として古くから世界との文化の交流があり、それを柔軟に受け入れ、自分たちのものにしていった風土があり、培われた調和の感覚こそが函館らしさを表現しています。
北の港町リゾートとあわせて「ハーモナイズ/調和」をコンセプトに、洋と和はもちろん、歴史に触れることと今を楽しむこと・日常と非日常、それらをハーモナイズすることで、旅が特別な時間になる体験を提供します。

NIPPONIA HOTEL 函館 港町 | VMG HOTELS & UNIQUE VENUES
函館の赤レンガ倉庫をリノベートしたホテルが2021年春誕生!
TRAVEL
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント