神戸ポートタワーが「CROSS KOBE 2021」で文化発信装置と化す


神戸ポートタワーを舞台にしたカルチャーイベント「CROSS KOBE 2021」。文化庁「令和2年度 博物館・文化財等におけるナイトタイム充実支援事業」の一環として開催される本イベントは、2021年2月27日(土) – 3月6日(土) の一週間に渡り、絶景DJライブ配信やARインスタレーション、アート展示など多様なコンテンツを実施。150余年、 日本の主要な国際貿易港として様々な物資や人、文化を交流させてきた神戸港を象徴する神戸ポートタワーが文化発信装置と化す。

ライブ配信 – 絶景DJ&トークセッション

2月27日(土)16:00 – 20:30、オープニングイベントとして、DJプレイとトークセッションのライブ配信を実施。タワー展望フロアからの絶景と神戸を代表する景色を織り交ぜながらのDJ配信では、姫路出身で現在はベルリンを拠点に世界で活躍するDJ / プロデューサーのHITOと同じく関西出身で現在は東京を拠点に活動するDHADHA”、そして神戸ローカルで活躍するアーティストで構成。アジアでは初となるランドマークからの絶景音楽配信を予定している。

◆神戸ポートタワー

神戸ポートタワーは、150余年、日本の主要な国際貿易港として様々な物資や人、文化を交流させてきた神戸港を象徴する建造物であり、国の登録有形文化財に指定されています。明治時代からその後背地に広がった神戸外国人居留地、ハーバーランドやメリケンパークなど現在観光地として栄えるエリアのランドマークであるポートタワーと、そこから一望できる 「神戸港の夜景」こそが文化資源であるといえます。

また、「和楽器の鼓」「鉄塔の美女」とも称されるその形状は、 神戸という扉の「神の戸びらの鍵穴」のようでもあり、今回展開する文化コンテンツは、それを開く「鍵」になればと考えている。

オフィシャルサイト:
神戸ポートタワーを文化発信装置に (crosskobe.com)

TRAVEL
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント