3月10日より台北で、日本から台湾への感謝と友情をテーマにしたイベントが開催。

マガジンハウス発行のライフスタイルマガジン『Hanako』は、3月10日から台湾・台北市で開催される、日本と台湾をつなぐ窓口である公益財団法人<日本台湾交流協会>主催のイベントにて展示コンテンツをプロデュースいたします。

開催場所は人気のスポット、台北<華山1914>。 東日本大震災時、日本への惜しみない励ましや支援金を届けてくれた台湾へ。その感謝を伝えようと、震災から10年となるこの3月に開催されるものです。

会場となる<華山1914文化創意産業園区 >

この3月で東日本大震災の発生から10年を迎えます。多くの支援と励ましを届けてくれた台湾の人々に向けて、台北の<華山1914 >で2つのイベントが開催されます。主催は日本と台湾をつなぐ窓口、公益財団法人<日本台湾交流協会>です。3月10日から21日までは東日本大震災をテーマにした展示の「日台友情Always Here 311十周年東北友情特展」、3月13、14日にはコンサートとマーケットの「日台之心音樂會市集」が行われます。

2011年3月11日 の東日本大震災発生後、台湾から多くの支援が東北に届きました。個人、企業、自治体や慈善団体からの義援金は合わせると約250億円と言われています。こうした多額のお金だけでなく、台湾からは被災地にボランティアとして赴いたり、SNSなどを使って数々の励ましやメッセージも寄せられました。そんな被災者への台湾の温かい心は、今も東北の人々の胸に強く残っています。<日本台湾交流協会>は台湾へのお礼を込めて、今までも様々な試みを行ってきました。

台湾人の人気デザインデュオ、「biaugust両個八月」に友情をテーマにロゴのデザインを依頼、1月23日には<台北101>で「日台友情」の文字とそのロゴをライトアップしました。これに対して蔡英文(さいえいぶん)総統からは、ビデオメッセージも寄せられました。

             キービジュアルを展開したイベントポスター

今回、日本の情報を繁体字で発信するウェブメディア『Hanako.taiwan』を運営する月刊誌『Hanako』(マガジンハウス)が、「311十周年東北友情特展」の展示のプロデュースを担当しています。会場では、東北を取材してお礼のメッセージを収めた動画の上映や震災当時、写真家が撮影した被災地の様子、自然災害に向けて備えるとよい防災グッズなども展示いたします。故・高田賢三さんが発起人となった「起きあがりこぼしプロジェクト」の協力により、台湾人クリエイターが描いた起き上がり小法師たちも会場に登場いたします。

■展示概要
・被災地東北の写真:長野陽一、野村佐紀子
・東北の現在 写真:木寺紀雄
・防災グッズ展示:Hanako編集部
・「暮らしの中の台湾」愛用の台湾グッズ:福田春美(ブランディングディレクター)、and recipe(料理人)、ぺんぎんあいり(辺銀食堂オーナー)、野村友里(料理人)

■『Hanako』とは
マガジンハウスから出版されている、創刊33年を迎えた女性誌。「もっと知りたい!を叶える、知的ライフスタイルメディア」として、街、旅、食といった女性に人気のコンテンツはもちろん、学びやSDGs、防災などといったテーマにも積極的にフォーカス。また、年に一度台湾特集を組んでいる。雑誌Hanako、ウェブサイトHanako.tokyoの他にスイーツなどの商品開発やオンライン講座など、多様なアプローチも展開。台湾ではウェブメディア『Hanako.taiwan』を運営。
・Hanako.tokyo https://hanako.tokyo/
・Hanako.taiwan https://taiwan.hanako.tokyo/

【イベント概要】
・イベント名:「日台友情Always Here 311十周年東北友情特展」
・開催日:3月10日(水)〜3月21日(日)
・会場:華山1914文化創意産業園区 中7B
・住所:台北市中正區八德路一段1號

・イベント名:「日台之心音樂會市集」
・開催日:3月13日(土)〜3月14日(日)
・会場:華山1914文化創意産業園区/華山劇場
・住所:台北市中正區八德路一段1號

日本台湾交流協会
https://www.koryu.or.jp/friendship/

TRAVEL
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント