熊本県は、源泉・湧出量ともに全国5位の温泉大国!残る5つのエリアの温泉の効能【PART2】


春の気配を感じつつも、時折寒い日もある、こんな時期は、温泉に浸かって手足を伸ばしたい方も多いのではないでしょうか。熊本県は、源泉・湧出量ともに全国5位の温泉大国!熊本の温泉はさまざまな美肌作用があります。今回は、前篇に続き、残る5つのエリアの温泉の効果・効能をご紹介します。

■熊本県は“湯美人”の宝庫!地域によって効能が違う!エリア別湯美人タイプ

県内の約8割の地域で温泉が湧く熊本。自然の恩恵に恵まれ様々なタイプの温泉がありますが、中でも「美肌作用」を促す泉質が多く、「四大美人泉質」とも呼ばれている「(弱)アルカリ性単純温泉」「硫黄泉」「硫酸塩泉」「炭酸水素塩泉」が多くを占めています。「訪れる人たちに美肌効果を体感して欲しい」そんな思いから、“泉質”に着目し、エリアごとの温泉の効能とおすすめの温泉をまとめました。

湯美人Type6:ケア&カバーで ぷるぷるもちもち肌エリア

「炭酸水素塩泉」のクレンジング作用に加え、「塩化物泉」による保湿・塩パック作用が期待出来るエリアです。不純物の除去・保湿・パックの相乗効果で吸水が持続し、瑞々しい肌になり、湯上りには「ぷるぷる・もちもち肌」へ導きます。

県南エリアのおすすめ温泉❶:人吉温泉

人吉温泉は、1910年を起源とし、今では50数カ所に泉源があります。泉質は肌にも優しい弱アルカリ炭酸泉などで、しっとりとした優しい肌触りが特徴です。現在、令和2年7月豪雨からの復旧・復興に向けた取り組みを進めています。

美肌効果:毛穴ケア、乾燥肌ケア・保湿力、油肌ケア、洗浄力、
コラーゲン代謝アップ、転地作用


県南エリアのおすすめ温泉❷:湯の児温泉

湯の児温泉は、リアス式海岸の続く芦北海岸県立公園内にある温泉です。約1900年前、景行天皇の”九州平定”の際に発見されたと言われ、海岸に湧き出るぬるい湯を指して「まだ湯の子(児)じゃ」と言われたのがその名の由来です。その後、1926年、50度を超える温泉堀削に成功し、本格的な温泉郷となりました。泉質は、含食塩重曹泉であり、リューマチ、神経痛に効果があります。温泉街には約9軒ほどの宿が立ち並んでおり、目の前にはつり橋で結ばれている湯の児島が見えます。

美肌効果:毛穴ケア、洗浄力、コラーゲン代謝アップ、転地作用

湯美人Type7:クレンジング&ピーリングすべすべイキイキ肌エリア

ナトリウムが豊富な「炭酸水素塩泉」「塩化物泉」エリアです。「加水・加温なし、源泉掛け流し」を徹底しているのが特徴です。新鮮で濃い成分が、より高いクレンジング&ピーリング、保湿・保温作用を導き、元気な「すべすべイキイキ肌」を実現します。

天草エリアのおすすめ温泉:下田温泉

下田温泉は、天草下島唯一の高温泉(51℃)で、風光明媚な天草灘に面した温泉地です。白鷺が傷ついた羽を癒していたのを見て、湯の湧くことを知ったという言い伝えから”白鷺温泉”とも呼ばれています。

下津深江川に面して元湯が湧き、川岸沿いに10数件の温泉旅館が立ち並んでいます。泉質は塩化物泉で、神経痛やリウマチに効果があります。

美肌効果:毛穴ケア、乾燥肌ケア・保湿力、油肌ケア、洗浄力、
コラーゲン代謝アップ、転地作用

湯美人Type8:温泉&タラソテラピー! ぽかぽか健康肌エリア

体を温めることは、美容に欠かせない要素です。このエリアの泉質は「塩化物泉」で、さらに海に近いため「ナトリウム」が豊富に含まれています。体を芯から温め、塩のパックで湯上がりもぽかぽかが持続する「健康肌」が期待できるエリアです。

天草エリアのおすすめ温泉:上天草温泉郷

上天草温泉郷は、四方をきらめく美しい海に囲まれ、豊かな海産物の宝庫です。そのため、九州でも有数の海のレジャーが楽しめる大矢野町、松島町の2大温泉を中心としたエリアです。大矢野温泉は、洞窟をくり貫いて作られた浴場や足湯BARなど、多彩な泉質、温泉が多くの人に好まれています。また、松島温泉は、独特の泉質から、別名「美人湯」と呼ばれるほど女性に好評で、ほとんどの大浴場、露天風呂から「日本の夕陽百選」に選ばれた鮮やかな夕陽を大パノラマのロケーションで臨むことができます。

美肌効果:乾燥肌ケア・保湿力、コラーゲン代謝アップ、転地作用

(写真提供:上天草市)

湯美人Type9:これ一本(一つの温泉地)でマルチビューティーエリア

全部で10種類ある泉質のうち7種類が揃うエリアです。「くまもっと湯美人泉質」全てが楽しめ、さらに湯巡りの順番次第で期待できる効果が更にアップ!このエリアだけで、熊本最強のスキンケア&マルチビューティーを楽しめる温泉地です。

阿蘇エリアのおすすめ温泉:黒川温泉郷

黒川温泉は、筑後川を囲むレトロな風情のある旅館の建物と、それぞれの温泉宿が工夫を凝らした情緒あふれる露天風呂が魅力です。オリジナルの入湯手形を購入すると、色々な露天風呂をはしごして自由に楽しむことができます。また、湯めぐりや散策をする際には「黒川温泉湯る~っとクーポン」がおすすめです。温泉街にあるスイーツやコロッケなどを販売するお店で使える利用券が6枚綴りで500円と大変お得です。

さらに、黒川温泉では、蛍が飛び交う筑後川を守り続けるために、毎年の涵養植樹や自然由来の石鹸やシャンプーの利用を推進しています。

美肌効果:毛穴ケア、メラニン(シミ)・くすみケア、たるみケア・美肌再生、
乾燥肌ケア・保湿力、油肌ケア、洗浄力、血行促進、コラーゲン代謝アップ、転地作用

県南エリアのおすすめ温泉:日奈久温泉

日奈久温泉は、1409年、浜田六郎という少年が戦で負った父の刀傷を癒そうと神に祈ったところ、夢でお告げがあり、教わった場所を調べてみると温泉が湧き出ていたと伝えられています。当時海中だったその場所が今の本湯です。この霊泉発見が伝えられると、その霊験を頼って療養にくる人が多くなりました。参勤交代の途中でもよく利用され、江戸初期には、細川家の藩営温泉に指定されました。泉質は「弱アルカリ単純泉」で、リューマチ・神経痛などに効果があると言われています。また、放浪の俳人・種田山頭火も宿泊し、「温泉はよい、ほんたうによい、ここは山もよし海もよし、出来ることなら滞在したいのだが、-いや一生動きたくないのだが」という歌を残しています。

美肌効果:毛穴ケア、洗浄力、コラーゲン代謝アップ、転地作用


●詩人に愛された熊本最古の温泉地

熊本県八代市の最南端に位置する日奈久地域は、古くから温泉地として有名であり、熊本県内で最古の温泉地とも言われています。歴史は古く、600年もの間、その風情を残し続けています。複雑で迷路のような道ですが、ゆっくり歩きたくなるそんな町並みです。築100年以上経ち、登録有形文化財の宿や、増築を幾重にも重ねた立体迷路のような旅館など、日奈久ならではの建築も楽しめます。また、詩人・種田山頭火の『行乞記』は、日奈久の地から始まり、絶賛の詩を残し、温泉街には、山頭火が詠んだ600枚の句板が掲げられています。

●世界最大級の柑橘の香を楽しむ「晩白柚風呂」

日奈久温泉で見られる冬の風物詩が「晩白柚風呂」。「ゆず湯」のように、八代市の特産で世界最大級の柑橘類『晩白柚』を浮かべた温泉が、爽やかな香りを放ち、いつまでも浸っていたくなります。湯船に浮かぶ晩白柚の圧倒的存在感を楽しみながら、体の芯まで温めることができます。

※くまもっと湯美人はこちら:https://tasplay.mil.movie/M6cVAa/
※熊本の観光・温泉情報はこちら:https://kumamoto.guide/

 

コメント