乃木坂46 “新・華の2001年組世代” 久保史緒里 遠藤さくら 賀喜遥香ら8名が成人式を迎える

スポンサーリンク

人気アイドルグループ乃木坂46の新成人メンバー 久保史緒里、阪口珠美、中村麗乃、遠藤さくら、賀喜遥香、金川紗耶、北川悠理、佐藤璃果ら8名が1月7日、東京・乃木神社で成人式を執り行った。

乃木神社内で過去最多8人の乃木坂46 新成人メンバーが鳥居前で一礼して登場。

本殿内での祈祷を終えるとカメラの前で艶やかな振袖姿を披露した。

歌唱力で定評がある3期生の久保、センターポジションを経験し期待されている4期生の遠藤、賀喜ら乃木坂46の新時代を担うメンバーが、華やかに新成人をお祝いした。

深緑の振袖姿の久保は、「今回の成人式が乃木坂46がここで成人式を始めてから10回目ということだったので、すごくおめでたい時にこんなにもたくさんの人数で成人式が出来てすごく嬉しい」と喜んだ。

赤い振袖姿の遠藤は「私は早く大人になりたい、早く20歳を迎えたいなとずっと思っていたので、ついに20歳を迎えることができてすごくうれしく思っています。今回8人の大人数で成人式を迎えられてとてもうれしく思っています」と新成人を迎えての嬉しさを表現した。


紫の振袖を着た賀喜は「正直、誕生日を迎えて『あなたは今日から20歳です』と言われても、大人になったのかわからなくて。でも今になって20年生きてきた経験とか染みついたものが出てきている気がして『ちゃんと大人になってるんだな』って思うことが多いです。これからどういう大人になっていくのか、とても楽しみだなと思っています」と新成人らしいコメントを残した。

薄い紫色の振袖姿の阪口は「ずっと20歳というものに憧れていたので、いざ自分がなれてすごくうれしいですし、この乃木坂の成人式が加入前から憧れだったので、それに参加できてすごくうれしい気持ちでいっぱいです」と笑顔で語った。

絞り染めの振袖姿の中村は「20歳はまだまだ先だろうなと思いながら過ごしてきた10代だったんですけど、気づけばもう20歳で、本当にあっという間だったなと思います」とコメント。「私は逆に『まだ20歳になりたくないな』って、ずっと思ってて。でもそれは10代で過ごした時間が本当に毎日楽しくて幸せだったので。でも実際に20歳になってみたら、そんなに変わったことはなくて、これからの楽しみの幅が、逆に広がったのかなって今では思えるようになったので、これからの人生もすごく楽しみになりました」と思いを寄せた。

憧れの女性像を聞かれた久保は「われわれが先輩方が常に理想像であって、いつまでたっても、憧れは乃木坂の先輩方だなって思います。先輩方を見ててすごく思うのは、自分の人生にすごく責任を持って、自分で選択して自分の人生を決めていっているなって思うので、自分もそういう風になりたいなって常日ごろから思います」と尊敬の念を込めてしみじみと語った。

報道陣からの毎年恒例の質問である「今回新成人の8人は『何世代』か?」との問いに、久保は「今回が10回目の成人式で最多人数。94年組の先輩方は全員卒業されて、その世代を我々も見てきました。我々からさらに盛り上げいきたいという気持ちも込めて、おこがましいですが、先輩方のお名前をお借りして『新・華の2001年組世代』にさせていただきたいと思います」と発表した。

“新・華の2001年組世代”と称したことで、強みを聞かれた場面で賀喜は「21世紀生まれ。21世紀になったときに生まれたので、歴史のパワーに満ち溢れているのが強みだなと思います。8人分の歴史パワーがあるので」と笑顔で答え、笑いを誘った。

乃木坂46としての今年の目標との質問に、久保は「初めての日産スタジアムでのライブ、新メンバーの加入もあって、グループとしてまだまだ変化がある年。3、4期生もそうですし、前を向いて前進していくことが必要だと思います。攻めの姿勢を大事に、後輩から乃木坂46を盛り上げられるように頑張りたいと思います」とさらなる躍進を誓った。


STARPHOTO
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント