浅田真央、里崎智也、藤川球児 現在の健康状態が明らかに!本人のコメントも掲載!

森永乳業株式会社は、2021年9月30日(木)より、日本生活習慣病予防協会監修 「全国一斉 大人の健康力診断」を、特設サイトにて公開しています。

本コンテンツでは、12の質問に回答すると、現在の「健康力」をスコア化することができます。コンテンツの公開を記念し、フィギュアスケーターの浅田真央さん、元プロ野球選手の里崎智也さん・藤川球児さんにも診断を体験していただきました。診断を体験した感想コメント、健康的な生活のポイントや、現役時代からの変化などを語っていただきました。

「トリプルヨーグルト ドリンクタイプ/トリプルヨーグルト」は、業界初(※1)、3つの機能性を表示したヨーグルトです。「高めの血圧」、食後の「血糖値」「中性脂肪」1つでも気になる方におすすめです。

※1 (日本初)血圧、血糖値、中性脂肪の3つの機能性について表示したヨーグルト2019年1月 森永乳業調べ

<日本生活習慣病予防協会監修 「全国一斉 大人の健康力診断」特設サイトURL>

https://kenkoryoku.triple-yogurt.jp/

本コンテンツでは、日本生活習慣病予防協会が監修する独自の12の質問に回答することで、大人の「健康力」をスコア化・可視化することができます。健康状態を保つためには、現在のあなたの健康力を知り、生活習慣を整えることが重要です。診断参加者の中での総合順位や、性別・年代別順位、健康のためのアドバイスもご覧いただけるので、ご自身の健康状態を測る際に参考にしてみてください。

公開期間   :2021年9月30日(木)10:00~12月14日(火)17:00

<日本生活習慣病予防協会監修 「全国一斉 大人の健康力診断」特設サイトURL>

https://kenkoryoku.triple-yogurt.jp/

【判定について】

日本生活習慣病予防協会監修のもと、下記の点数配分で判定を設定しています。

・A判定:100~80点

⇒抜群に高い健康力です。これからも今の生活習慣を継続してください。

・B判定:79~60点

⇒高い健康力です。しかし油断は禁物!これからも生活習慣に留意して過ごしてください。

・C判定:59~40点

⇒やや低い健康力です。診断結果とともに表示されるアドバイスを参考に、健康維持のための生活習慣を身に付ける必要性があります。

・D判定:39点~20点

⇒低い健康力です。診断結果とともに表示されるアドバイスを参考に、生活習慣を見直す必要性があります。

E判定:19点以下

⇒とても低い健康力です。診断結果とともに表示されるアドバイスを参考に、今すぐ生活習慣の改善を図る必要性があります。

「大人の健康力診断」を、フィギュアスケーターの浅田真央さん、元プロ野球選手の里崎智也さん・藤川球児さんに体験していただきました。3名とも、現役を引退した今も高い健康状態を保っていることが明らかになりました。3名からのコメントも公開します。診断結果を受けての感想や、健康的な生活習慣の秘訣を教えていただきました。

【診断結果詳細】

浅田真央さん 診断結果

判定:A

点数:86点

浅田真央さんコメント:

普段から、野菜をしっかりと摂る食生活を意識しています。料理が好きなので、自炊することも多いです。もちろん、1日1本、トリプルヨーグルトを食事と一緒に飲んでいます。

また、引退後も運動を続けているので、生活習慣に乱れはないのかもしれません。美味しいものを食べたり、新しい活動や趣味にチャレンジしたり…楽しみに触れてワクワクする気持ちも健康に繋がっていると感じています。

意識していることが、結果としてA判定で出ると嬉しいですね!これからもトリプルヨーグルトと一緒に、健康的な生活習慣を継続したいと思います!

里崎智也さん 診断結果

判定:B

点数:61点

里崎さんコメント:

今回、大人の健康力チェックを受けてみて、改めて自分自身と向き合う良い機会になりました。診断結果はB判定の”健康力は高い”!思ったより悪くなくて安心していますが、日頃から野球中継など夜の仕事が多く、食事もお弁当など外食で、椅子に座って仕事をすることがほとんどで、年齢を考えるともっと気をつけて生活していかなければいけないと実感しました。

トリプルヨーグルトで血圧・血糖値・中性脂肪をケアしながら、運動、食事とバランスの取れた日常生活を意識して、A判定を目指したいです。

藤川球児さん 診断結果

判定:A

点数:85点

藤川さんコメント:

昨年まで現役としてプレーしているときは、当然の事ながら健康に一番の気を遣い生活をしてきました。引退後、評論や解説など社会人としての活動に追われる日々の中、健康管理が難しい毎日になっていました。

今回、「全国一斉大人の健康力診断」のお話をいただき、簡単な質問に回答するだけで判定結果が出るということで興味津々で入力してみました。

結果、A判定ではありましたが、まだまだ健康意識を高めていかないといけないということを、痛感しました。毎日の食生活にトリプルヨーグルトを取り入れて、飲み続けていきたいです。

 

浅田真央(あさだ・まお)


1990年9月25日生まれ。愛知県名古屋市出身。

2002年全日本選手権で、小学6年生にして女子世界初の3回転3連続ジャンプを決めて世界中の注目を集める。2010年バンクーバー五輪で、銀メダルを獲得。2014年ソチ五輪で、フリーで世界中が感動する演技を披露。同年3月の世界選手権では、日本人最多の3度目の優勝を飾る。

2017年に現役引退を発表。
2018年5月から、日本全国を巡り感謝を届けるアイスショー「浅⽥真央サンクスツアー」をスタートさせる。
2021年4月、横浜アリーナにて千秋楽を迎えた。

里崎智也(さとざき・ともや)


元プロ野球選手、野球解説者、千葉ロッテマリーンズ スペシャルアドバイザー

1976年徳島県生まれ。鳴門工高(現・鳴門渦潮高)、帝京大を経て、98年のドラフト2位で千葉ロッテマリーンズに入団。ロッテ時代には2度の日本一に貢献。2006年WBC日本代表として優勝に貢献し大会ベストナインにも選出。北京五輪日本代表。強肩・強打の捕手として16年間プロ野球で活躍し、2014年に現役を引退。15年より千葉ロッテマリーンズのスペシャルアドバイザーを務め、日刊スポーツの野球解説者ほか、ラジオ・テレビにも多数出演中。YouTube『里崎チャンネル』の登録者数は47万人を超える。

藤川 球児(ふじかわ・きゅうじ)


1980年7月21日、高知市生まれ。40歳。高知商2年夏に甲子園出場し、1998年ドラフト1位で阪神に入団した。05年に勝利の方程式「JFK」の一角を担ってブレイクし、リーグ優勝に貢献。浮き上がると言われる直球は「火の玉ストレート」と称された。07年は当時のプロ野球記録(現セ・リーグ記録)の46セーブをマーク。12年オフに米大リーグ・カブスに移籍した。13年6月に右肘の通称トミー・ジョン手術(内側側副じん帯再建術)を受け、翌14年8月にメジャー復帰。レンジャースを経て、15年6月に四国アイランドリーグplusの高知に入団。同年オフに阪神復帰した。昨季限りで現役を引退し、今年1月に阪神の球団新ポスト「スペシャルアシスタント」就任。NPB通算782試合に登板し、60勝38敗243セーブ163ホールド、防御率2・08。MLBでは同29試合で1勝1敗2セーブ1ホールド。

★タイトル

05、06年に最優秀中継ぎ投手
07、11年に最多セーブ投手

STAR
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント