日向坂46・影山優佳、「光文社新書」創刊20周年フェアのキャラクターに就任しました!

2021年10月、「創刊20周年」=”20歳”にちなみ、光文社新書レーベルキャラクターである”「アランちゃん」の成人式”をコンセプトに、大々的な創刊20周年フェアを開催します。


撮影/三瓶康友

2021年10月17日、創刊20周年を迎える光文社新書。光文社新書のアイコンである通称「アランちゃん」(デザイン:アラン・チャン)の「成人式」というコンセプトで、書店キャンペーンや読者プレゼント等の「創刊20周年フェア」を実施します。スペシャルな20周年ということで、光文社新書の魅力を伝えていただくフェアキャラクターに、日向坂46の影山優佳さんをお迎えしました。光文社新書が読者に持たれている若々しさと新鮮さ、軽やかさを強調し、若い読者にも刺さるコミュニケーションを目指します。

【プロフィール】

影山優佳(かげやまゆうか)/2001年5月8日生まれ(20歳) 日向坂46の一期生として活動中。2021年、映画やアニメ声優に初挑戦と、初物づくしで大活躍が続く影山さんは、光文社新書=アランちゃんと同い年の20歳! 知らないことを知るには新書がいちばん!と語る彼女の趣味はスポーツ観戦で、 “アイドル界No.1のサッカー通”との呼び声も。

【影山優佳さんのフェア参加概要】

◆店頭POP・ポスター、店頭配布のしおり、フェア書目の帯に影山優佳さんが登場します
◆上記撮り下ろしにともなう撮影メイキング動画を公開→光文社新書の公式Twitterや公式noteにアップ
その他、順次影山さん関連のニュースをお伝えしていきます。
※影山さんの稼働内容は変更の可能性があります。

【光文社新書とは】

2001年10月創刊の教養新書シリーズ。2005年刊行の『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』(山田真哉著)は累計165万部突破。レシピ本大賞受賞の『世界一美味しい煮卵の作り方』(はらぺこグリズリー著)、新書大賞受賞の『バッタを倒しにアフリカへ』(前野ウルド浩太郎著)、ビジネス書大賞準大賞の『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』(山口周著)、サントリー学芸賞受賞、「ベスト経済書」第1位選出の『「家族の幸せ」の経済学』(山口慎太郎著)、広島本大賞受賞の『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』(庭田杏珠・渡邉英徳著)など、ヒット作・話題作多数。
●公式Twitter https://twitter.com/kobunsha_shin
●公式note https://shinsho.kobunsha.com/

STAR
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント