内村航平、長崎IR参入を目指すピクセルカンパニーズのコンソーシアム『ONE KYUSHU』アンバサダーに就任


ピクセルカンパニーズが参画するコンソーシアム『ONE KYUSHU』は、長崎県が実施する特定複合観光施設設置運営事業の事業者公募(RFP)へ参加している。

この度、ピクセルカンパニーズのアンバサダーに、長崎県出身のプロ体操選手である内村航平選手(写真)が就任したことをお知らせいたします。

内村航平選手コメント

『自分自身がプロ体操選手として活動していく中で、僕の故郷長崎に対し何か役に立てることは無いかと考えていたので、今回このような機会を頂き大変嬉しく思っています。長崎には素晴らしい観光資源がありますし、これを機に日本国内はもとより世界各地の数多くの方が長崎のファンになってくれたら嬉しいです。また、アスリートとしてスポーツや健康の観点から、本プロジェクトへ助言する大役もいただいています。長崎の未来に貢献したいと思います。』

内村航平選手プロフィール

1989年1月3日生まれ(32歳)。長崎県諫早市出身。
オリンピック3大会(2008年北京、2012年ロンドン、2016年リオデジャネイロ)に出場し、個人総合2連覇を含む7つのメダル(金メダル3、銀メダル4)を獲得。また、世界体操競技選手権でも個人総合での世界最多の6連覇を含む21個のメダル(金メダル10、銀メダル6、銅メダル5)を獲得している。国内大会ではNHK杯個人総合及び全日本選手権個人総合で10連覇。

STAR
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント