EXILE NAOTO主演映画『DANCING MARYダンシング・マリー』公開決定!


この度、独自の世界感を創出し、次々と新作を世に送り出している鬼才SABU監督の最新作、映画『DANCING MARYダンシング・マリー』(以下、ダンシング・マリー )が世界各国の映画祭を駆け巡り、ついに2021年11月5日(金)より全国順次公開することが決定した。あわせて、特報映像と豪華キャストが解禁となった。


本作は、しがない市役所職員の研二と霊能力を持つ女子高生・雪子の二人が時空を超えて奮闘するヒューマン・コメディ作品。ファンタスポルト・ポルト国際ファンタスティック映画祭で審査員特別賞、ファンタスポア・ポルトアレグレ国際ファンタスティック映画祭で“物語の意図を最もよく表現された撮影賞”を受賞し、SABU監督特有のオリジナリティが評価され13カ国の映画祭で受賞、正式出品された。さらに、今年6月には第18回アジアン映画祭で日本初の最優秀オリジナル映画賞を受賞するなど、大きな注目を集めている作品だ。新型コロナウイルス感染拡大防止の影響もあり、撮影から約3年の時を経て待望の日本公開となる。

主人公 しがない市役所職員の藤本研二を演じるのは、長編映画単独初主演となるEXILE NAOTO。EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのパフォーマーでありながら、土屋太鳳とW主演を務めた映画『フード・ラック!食運』などの俳優業や、自身がクリエイティブディレクターを務めるファッションブランド「STUDIO SEVEN」など新たなフィールドでもエンタテインメントの可能性を広げている。霊能力を持つ女子高生・雪子役には映画『シグナル100』や、『NO CALL NO LIFE』、LINE NEWS VISION『A/LIVE』にもヒロイン出演するなど注目の若手女優の山田愛奈、本作の鍵となる、解体予定のダンスホールに棲みついたダンサー・マリー役には2020 年に解散をしたE-girls のパフォーマーであり現在女優として活躍するTBS系ドラマ「プロミス・シンデレラ」出演中の坂東希、マリーの恋人ジョニー役には映画『ミッドナイトスワン』、現在放送中のテレビ朝日系ドラマ「IP〜サイバー捜査班」にレギュラー出演中の吉村界人、そして伝説のヤクザ幽霊役にはミュージシャンや俳優として第一線で活躍している石橋凌、実力派の出演者達がSABU作品を彩る。

今回解禁となった特報映像は、EXILE NAOTO演じるしがない市役所職員が、とある事件に巻き込まれ奮闘していくストーリー軸とともに、現世と異界を行き来するコメデイ色豊かな内容となっており、何の取り柄もない男性が人間の生きている価値とその意味を尊く知る物語の展開が余す事なく描かれている。


【特報映像】https://youtu.be/254_Omwc-g4

また、EXILE NAOTOが今作品の主人公・藤本研二役として、作品の枠を超えて連続ドラマに出演するというクロスオーバー企画にもなっている。劇団EXILEが総出演+主演、同SABU監督が11年ぶりに挑む完全書き下ろしの連続ドラマで、8月26日(木)より放送スタートのABEMAオリジナルドラマ「JAM -the drama-」(読み:ジャムザドラマ)にスペシャルゲストとしてEXILE NAOTOが登場する。SABU監督が織りなす2つの物語で、どのような絡みを見せるのか注目したい。

映画『DANCING MARY ダンシング・マリー』ストーリー

作品名:「DANCING MARY ダンシング・マリー」
公開日:2021年11月5日(金)より全国順次公開
出演:EXILE NAOTO 山田愛奈 坂東希 吉村界人 / 石橋凌 他
監督・脚本・編集:SABU
エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO
公式サイト: https://www.dancing-mary.com/
©2020映画「DANCING MARY」製作委員会

【イントロダクション】
霊界と現世を行き来する研二と雪子が出会うヤクザの幽霊役の石橋凌が異色なキャラクターを放ち大きな見どころの一つとなっている。北九州、東京、そして台湾で撮影を敢行した本作は、SABU監督のオリジナル脚本で構成されており、サイキックアクションもふんだんに散りばめられた唯一無二の作品。

【国際映画祭エントリー歴】
・シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭【正式出品】
・ファンタスポルト・ポルト国際ファンタスティック映画祭【受賞】(審査員特別賞)
・ファンタスポア・ポルトアレグレ国際ファンタスティック映画祭【受賞】(物語の意図を最もよく表現された撮影賞)
・上海国際映画祭【正式出品】
・プチョン国際ファンタスティック映画祭【正式出品】
・イマジン映画祭【正式出品】
・ニューヨークアジアン映画祭【正式出品】
・Motelx – リスボン国際ホラー映画祭【正式出品】
・バンクーバー国際映画祭【正式出品】
・ロサンゼルス・アジアンパシフィック映画祭【正式出品】
・台北金馬映画祭【正式出品】
・アジアン映画祭 (イタリア)【受賞】(最優秀オリジナル映画賞)

 

STAR
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント