Cocomi、6月7日発売のAERA表紙に初登場!

6月7日発売のAERA 6月14日号の表紙に、近く公開されるアニメ映画「漁港の肉子ちゃん」で声優デビューを果たしたCocomi(ココミ)さんが登場します。大学に通いながらフルート奏者、モデルとして活躍するCocomiさん。


インタビューでは、自身が演じた小学生の女の子のことや家族観、そして自分の心を最も大きく動かした音楽について、率直に語っています。この号の巻頭特集は「腸活の切り札は食べ合わせ」。これまでの「腸内フローラを整える」腸活とは一線を画す、話題の「アダムスキー式」について、日本人向けにアップデートすることを試みました。月2回になった好評連載「向井康二が学ぶ 白熱カメラレッスン」は前回に続き、大阪芸大の写真学科長・織作峰子さんを先生に迎えて、部屋で「写真を素敵に飾る」ためのアイデアをお届けします。

Cocomiさんが声優を務めたのは、6月11日から公開予定のアニメーション映画「漁港の肉子ちゃん」。西加奈子さんによる同名小説が原作で、明石家さんまさんが企画・プロデュースを務めたことでも話題の作品です。アフレコの日までの時間を、自身が演じる小学校5年生「キクりん」ことキクコになったつもりで過ごしたというCocomiさん。自分には経験がないことも、キクコを通じて経験できて「新鮮だった」と話します。

明石家さんまさんに関西弁の指導を受けたこと。母親役の大竹しのぶさんの声をイヤホンで聞きながら愛情を感じたこと。そして、音楽のこと。音楽の道を追求したいという気持ちを家族に伝えたときのエピソードなども飛び出し、やがて話題はこれからの「チャレンジ」へ――。今後のさらなる活躍を確信させてくれるインタビューとなりました。

PHOTO
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント