松本人志、週刊朝日創刊99周年記念号で初表紙に!2月22日発売


1993年から2年間、本誌で連載し、計400万部以上ものベストセラー『遺書』と『松本』を生み出した松本人志さん。約30年前の連載当時を振り返り、「嘘ばっか書いてたはずなのになー」と、テレる松本さんを、当時の連載担当・矢部万紀子さんがインタビューしました。さらに、黒柳徹子さんはあの赤塚不二夫さん、渥美清さんとの驚きの裏話を披露。美輪明宏さん、小沢一郎さん、三浦雄一郎さんという時代を象徴する「レジェンド」たちにも人生を語っていただきました。また、本誌99年の歴史を振り返り、昭和天皇や上皇・美智子さまらの秘話を発掘。過去に報じた数々の流行語も紹介します。さらに今週から、毎年恒例の大学合格者高校ランキングもスタート。第1弾は東大・京大推薦入学。充実のラインナップでお届けします。

松本人志さんのベストセラー『遺書』と『松本』は、週刊朝日の連載をまとめたもの。1993年7月16日号から95年7月14日号までの連載でした。当時、編集部で連載を担当したコラムニストの矢部万紀子さんは、〈連載担当者として改めて書くが、文もイラストも100%松本さんだ。手書きの文字とイラストが毎週ファクスで送られてきて、締め切りに遅れたことは一度もない〉と振り返ります。そんな矢部さんのインタビューに対し、松本さんは「根本は変わってないんですよね。僕の中で、魂みたいな部分は、全然変わってないです」と語りました。視聴率やテレビについての話題では「テレビはもう手遅れでしょうね」と、ドキリとさせられる発言も。他では聞くことができない松本さんの本音に触れることができるインタビューとなりました。

週刊朝日 2021年 3/5増大号
発売日:2021年2月22日(月曜日)
定価:本体391円+税

PHOTO
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント