草彅剛、AERA 3月1日発売号の表紙に登場!


3月1日発売のAERA 3月8日号の表紙に、俳優の草彅剛さんが登場します。2020年公開の映画「ミッドナイトスワン」で第44回日本アカデミー賞優秀主演男優賞、第63回ブルーリボン賞 主演男優賞を受賞した草彅さんがいま挑むのは、NHK大河ドラマ「青天を衝け」の徳川慶喜役。インタビューでは、自身の「慶喜観」やコロナ禍で大切にしたいことなどについて話しています。この号の巻頭特集は「逆境に強い中高一貫」。コロナ禍に見舞われた2021年入試の実態を取材し、公立と私立の中高一貫86校の2020年「難関大」合格実績と見比べながら、それぞれの学校がどう逆境を跳ね返したのかをルポしています。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、1カ月遅れで始まった2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」。3月1日発売号の表紙を飾る草彅剛さんは、このドラマで準主役ともいえる徳川慶喜を演じています。歴史に疎くて「徳川慶喜」といわれてもピンとこなかったという草彅さんですが、台本や資料を読み進めるうちに「すごくカッコいい」と思うようになったと話します。とりわけ草彅さんが惹かれたのは、慶喜がひとつの時代の終わりだけではなく、もうひとつの時代の始まりを生きたという点。大河ドラマの撮影現場のスケールの大きさ、共演する俳優陣とのやりとりなども交えて、「最後の将軍」と向き合う日々を語っていただきました。

そんな草彅さんのために用意したのは、エキゾチックな草木に覆われた魅惑のセット。スタジオの中とは思えないそのセットを前に驚きの表情を浮かべた草彅さんですが、次の瞬間にはなんとも言えない恍惚の表情を浮かべてカメラの前に――。カラーグラビアも含め、蜷川実花のカメラが新たな草彅さんを捉えています。

AERA(アエラ)2021年3月8日増大号
特別定価:391円+税
発売日:2021年3月1日(月曜日)

PHOTO
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント