GW5月1日~3日の「3日間」!オールナイトの音楽イベント 「Meeting point Festival」が初開催!

 

Meeting Point Festival PV 第3弾


【GW5月1日~3日まで「3日間」!総勢「70組」以上のアーティストが出演するオールナイトの音楽イベント「Meeting point Festival 2021」を初開催! 】

GW5月1日(土)~ 3日(祝・月)、滋賀県グランスノー奥伊吹(https://www.okuibuki.co.jp/green/)にて野外音楽フェスティバル「Meeting Point Festival 2021」(https://www.meeting-point-festival.jp/)を初開催。

テクノやサイトランスから、Hip-hop、Liveバンドまで総勢「70組以上のアーティスト」が集結し「2 STAGE」でパフォーマンスを披露します。

【圧巻のライブパフォーマンス! テクノからHip-hop、Liveバンドまでをクロスオーバー 「LUNA STAGE」】

TechnoからHip-hop、Liveバンドまでをクロスオーバーさせる「LUNA STAGE」には、日本中を駆け巡りながら活動する縄文トランス・ユニットRABIRABIや、フリースタイルラップの帝王 ” 鎮座DOPENESS ”  が圧巻のライブを披露。

【世界中の人気フェスへ出演するアーティストが登場! サイトランスをメインとした「TERRA FLOOR」】

サイトランスをメインとした「TERRA FLOOR」ではLive Actに世界中の人気フェスへの出演し国内外からも高い評価を得るSpectra SonicsやCYLONなど計6組のアーティストが出演。

DJ Actも国内の最前線で活躍するアーティストが集結。DISC JUNKEYやHATTA 、DAIJIROをはじめとした計30組以上のアーティストが渾身のセットを披露します。

【 総勢「70組」以上のアーティストが出演!「鎮座 DOPENESS」や「RaBiRaBi」をはじめ大人気のアーティストと共に「音楽に浸れる」3日間!】

LINE UP / HEAD LINER

■ 鎮座 DOPENESS


HP / https://www.universal-music.co.jp/chinza-dopeness/

1981年生まれ、東京出身のラッパー。独特な声質と巧みなスキルを駆使したラップで、フリースタイルMCバトルのシーンから頭角を現す。

2009年には、日本最高峰のフリースタイルMCバトルのトーナメント「ULTIMATE MC BATTLE GRAND CHAMPION SHIP」で優勝を果たす。
2010年にはDOPING BANDを率いて「SUMMER SONIC 2010」に出演。
そして、2012年3月に鎮座DOPENESS & DOPING BANDによるアルバム「だいぶ気持ちいいね」を発表した。

また、環ROYとのユニットKAKATOやKOCHITOLA HAGURETIC EMCEE’S×近所のメンバー、鎮座DOPENESS & DJ UPPERCUTにも所属している。

■ RaBiRaBi

HP / http://www.rabirabi.com/top/top.html

‘縄文トランス’の異名を持ち、声と打楽器そのものをCreative Sourceにダンスミュージックと呼ばれるありとあらゆるシーンを縦横無尽に渡る希少種のドラゴンスター’girled’ユニット。動力は LOVE。
ふたりの打楽器と声の独創楽団。場と一体となり、抑揚と瞬発力にあふれた音を次々と繰り出す。国境、人種、時空を軽々と超えるサウ ンドは ‘縄文トランス/Shamnic Dance Music’と呼ばれ、瞬く間に祝祭空間を創りあげる。日本列島各地、奥地のマツリ/野外フェス、パーティで誰もが1度はその名前を目にしたことがあるほど、年間100本を超えるライヴを展開し、その活動はアメリカ/シカゴはじめカナダ、オーストラリア、タイ、韓国などへもおよぶ。地球各地を渡るネオネイ ティブな3人組である。


【総勢「70組」以上のアーティストが出演!「好きな音楽を楽しむ2STAGE」】
出演アーティストはこちら ⇩ ⇩

Meeting Point Festival PV 第1弾
MUSIC
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント