ヒルトン東京『妃鍋』チャイニーズ・ナイトアフタヌーンティー

『妃鍋』チャイニーズ・ナイトアフタヌーンティー『妃鍋』チャイニーズ・ナイトアフタヌーンティー

ヒルトン東京 2階中国料理「王朝」では、2月1日(水)より3月31日(金)の平日限定、お一人様専用鍋でご用意する特製火鍋に加え、鮑や牡蠣、北京ダックなどの高級食材をふんだんに用い、一品一品丁寧に作られる本格中国料理をおしゃれなアフタヌーンティースタイルで供するディナープラン『妃鍋』チャイニーズ・ナイトアフタヌーンティーを、お一人様¥10,000(税金、サービス料込)にてご提供いたします。

プランには「東方美人茶」や「武夷岩茶(ぶいがんちゃ)」など、選りすぐりの中国茶がセットになるほか、プラス¥2,000にて瓶ビール、紹興酒、赤白ワインなどの飲み放題もお楽しみいただけます。

選べる火鍋スープ3種類選べる火鍋スープ3種類

「王朝」料理長 柳谷 雅樹(やなぎやまさき)がこの冬贈る新提案、妃鍋(火鍋)は美やアンチエイジングにも嬉しい効果が期待出来そうな食材をふんだんに用い、お一人様専用小鍋でご用意します。

スープは3種類よりお好みをお選びいただけ、鶏のうま味が凝縮された滋味深い「鶏白湯スープ」、白湯スープをベースに葱、生姜、ニンニク、香味野菜と四川から取り寄せた山椒や唐辛子で作る自家製辣油を合わせた激辛「麻辣スープ」、白湯スープに発酵唐辛子や酸菜をで作る酸湯醤を調合した辛さと酸味が絶妙な「酸辣スープ」をご用意。3種類ともベースのスープには棗、クコの実、龍眼(りゅうがん)や白豆寇(びゃくずく)、など10種類以上の食材が配合された門外不出のレシピでお楽しみいただけます。

鍋の具材には牛肉、羊肉、鴨団子、海老、ホッキ貝、鮟鱇などをメインに、白木耳、豆苗、ミニトマトなどたっぷりの野菜をセット。パクチーやニンニク、ごま油など4種類の薬味と共に心も身体も温まる火鍋タイムをお過ごしいただけます。

前菜前菜

前菜はクラシカルな茶器スタンドに、まるでアフタヌーンティーのスイーツのように美しく配される「ローストビーフ 五香スパイスソース」や「スモークトラウトサーモン 塩レモンジュレ」など4種類。

シェフズスペシャルシェフズスペシャル

メインディッシュは高級食材をふんだんに用いた料理長 柳谷の技が光る品々をお楽しみいただけます。紹興酒、葱、生姜の香りを移しながら柔らかく蒸しあげた「蝦夷鮑の紹興酒香り蒸し」、旬の牡蠣をサクッとした衣で揚げ、アボカドペーストと共に味わう「牡蠣のフリッターXO醤添え」、「北京ダックと燻製ダック」などをゆったりとご賞味ください。

ドリンクは果実や蜜のような華やかな香りが特徴の「東方美人茶」、深い味わいと香りが辛味鍋にも合う「武夷岩茶」、爽やかなジャスミン茶「花茶」をポットでご用意するほか、お一人様プラス¥2,000で瓶ビール、紹興酒、赤白ワイン、ハイボールの1.5時間飲み放題もお付けします。

『妃鍋』チャイニーズ・ナイトアフタヌーンティープラン概要

会場:中国料理「王朝」(ヒルトン東京2F)
期間:2月1日(水)~3月31日(金)【平日限定】
営業時間:月~金曜日 5:30pm – 10:00pm (L.O.9:00pm) / プランは2時間制
料金:お1人様¥10,000 ※税金、サービス料込 【要予約】
メニュー:
【前菜】「ローストビーフ 五香スパイスソース」、「クラゲの冷菜 香味醤油ジュレ」、「スモークトラウトサーモン 塩レモンジュレ」、「甘海老の青山椒ソース」
【シェフズスペシャル】「蝦夷鮑の紹興酒香り蒸し」「牡蠣のフリッターXO醤添え」「北京ダックと燻製ダック」、「7種類の野菜スティックサラダ」
【火鍋】
「スープ」 鶏白湯スープ、麻辣スープ、酸辣スープよりお好み1種類
「具材 」牛肉、豚肉、羊肉、鴨団鴨団子、海老、帆立貝、ホッキ貝、鮟鱇、白菜、豆苗、豆もやし、木茸、白木耳、ブラウンエノキ、ミニトマト、レンコン、青梗菜、シルクスイート、腐竹、中華麺
「コンディメント」 練りごま、エシャロットソース、ニンニク胡麻油、パクチー
【デザート】日替わりスイーツ3種類

ドリンク:東方美人茶、武夷岩茶、花茶のポットサービス
お一人様プラス¥2,000で、1.5時間飲み放題プラン(瓶ビール、紹興酒、赤・白ワイン、ハイボール)

ご予約:https://tokyo.hiltonjapan.co.jp/plans/restaurants/afternoontea/dynasty-2301

中国料理「王朝」料理長 柳谷 雅樹 (やなぎや まさき)

1983年、武蔵野調理専門学校を卒業後、1984年より老舗中国料理店「南国酒家」にて、中華料理の料理人としてのキャリアをスタートさせる。1986年、ヒルトン東京に入社。ヒルトン東京の開業時からある中国料理「王朝」にて、北京、上海、四川、広東を含む中国全土の料理を修得し、2009年に料理長に就任。2013年には、東京都知事表彰の優良調理師を受賞しました。現在も、同レストランに従事する26人の料理人を統括し、通常のオペレーションはもちろん、季節ごとのプロモーションなどで、伝統の味を守りつつ、現代の嗜好を取り入れた正統派中国料理を提供し続けています。

ヒルトン東京について

ヒルトン東京は、世界展開を続けるホテルチェーン、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツのホテルの一つとして1963年6月20日に永田町にオープン。東京オリンピックの前年、日本で初めての外資系ホテルとして誕生しました。1984年9月1日に現在の新宿副都心に移転、新宿副都心の一角、都庁にほど近く、隣に新宿中央公園という恵まれた環境にあり、充実した施設と、“ヒルトンスタンダード”といわれる高水準のサービスを誇るファーストクラスのホテルです。8階より38階までが客室となり、スイートを含む全830室の客室は、国際的ながらも日本の情緒をインテリアに取り入れ、全室有線/無線インターネットアクセスが完備されています。また、館内には、日本料理「十二颯」、中国料理「王朝」、「メトロポリタングリル」、バー&ラウンジZATTAを擁するダイニングフロアTSUNOHAZU、「マーブルラウンジ」、英国風「セント・ジョージ バー」を含む6つのレストラン&バーを備えています。その他、正餐600名、立食900名まで収容可能な大宴会場と小中宴会・会議室計21室、ウェディング・チャペル、室内プール、ジム、サウナ、屋外テニスコートなどを完備したフィットネスセンター、並びに地下駐車場など、多目的ホテルとして十分な機能を備えています。ヒルトン東京に関する詳細はhiltontokyo.jp をご覧ください。

GOURMET
Liveen Times

コメント