メズム東京、『ロミオとジュリエット』がテーマのランチ&ディナープログラム

東京の“今”の躍動感や波長と共鳴し、五感を魅了する数々のこだわりでお客さまをお迎えするホテル『メズム東京、オートグラフ コレクション』(港区海岸1-10-30)は、14世紀のイタリア・ヴェローナを舞台とした、イングランドの劇作家ウィリアム・シェイクスピアによる傑作戯曲『Romeo and Juliet(邦題:ロミオとジュリエット)』のストーリーを表現したランチおよびディナープログラムを、ホテル16階のフレンチレストラン「シェフズ・シアター(Chef’s Theatre)」にて、2022年10月17日(月)~2023年2月28日(火)の期間限定にて提供いたします。

『Romeo and Juliet』ランチ&ディナープログラム

ビストロノミースタイルのフレンチを、オープンキッチンのライブ感とともに楽しむ「シェフズ・シアター」。“シェフの劇場”という名の通り、まるで舞台を観劇するように、ストーリーとともに紡がれる美食体験を五感すべてで堪能いただくレストランです。今回の『Romeo and Juliet(邦題:ロミオとジュリエット)』を基にしたランチ&ディナープログラムでは、物語の前半をランチで、後半をディナーで表現し、ランチとディナーを合わせると一つの物語が完成する構成です。

ランチプログラムでは、失恋したばかりのロミオが仇敵の家の一人娘ジュリエットと運命的な出逢いをし、永遠の愛を誓い合った二人が密かに結婚式を挙げる場面までを、そしてディナープログラムでは、不運な決闘の末にロミオが町を追放される前夜、ついに初夜を迎えるも二人が辿った儚く悲劇的な運命の結末までを再現しています。旬の食材とフランス料理の繊細な技で、作中のロミオとジュリエットの揺れ動く心情や象徴的な台詞、二人を取り巻く情景を再現したお料理の数々、そして物語をテーマにした音楽と共に、永遠の愛の物語をご堪能ください。

メズム東京、オートグラフ コレクション: 2020年4月27日オープン
メズム東京では、名作『ロミオとジュリエット』の世界観を独創的に表現したランチ&ディナープログラムを2022年10月17日より期間限定で提供いたします。
  • シェフズ・シアター (Chef’s Theatre) について

ビストロノミースタイルのフランス料理を、オープンキッチンのライブ感とともにお届けするレストラン。繊細なシェフの技と東京だからこそ集まる旬の食材を生かし、“シェフの劇場”という名の通り、まるで舞台を観劇するようにストーリーとともに紡がれるフレンチをお楽しみいただけます。日中は浜離宮恩賜庭園の爽やかな緑、夜は都心の煌めく夜景に包まれ、華やかでダイナミックなアートが目を引く空間で、五感で味わう美食体験をご堪能ください。

■席数: 93 席 (個室席18席含む) / 個室 3室18席
■営業時間(※):
・朝食: 06:30 ~ 11:00 (L.O. 10:00)
・ランチ: 11:30 ~ 15:00 (L.O. 14:00)
・ディナー: 17:00 ~ 23:00 (L.O. 22:00)
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、当面の間は、一部施設につきまして、営業時間および営業内容を変更させていただいております。詳しくは公式ウェブサイトをご確認ください。

シェフズ・シアターシェフズ・シアター

  • 参考資料

【メズム東京、オートグラフ コレクションについて】

“TOKYO WAVES”をコンセプトに、絶えず変化する東京の“今”の波長を感じるこだわりのサービスやオリジナリティにあふれたコンテンツを通してゲストに新たなインスピレーションを提供する、全265室のホテルです。2020年4月27日、JR東日本グループによる港区・竹芝の複合施設「WATERS takeshiba(ウォーターズ竹芝)」に開業しました。美しい東京のウォーターフロントや歴史ある浜離宮恩賜庭園といった豊かな地域資源と、五感を心地よく魅了するアートや音楽といった芸術の一体感を活かし、都会のエネルギーとクリエイティビティーが出会う東京のライフスタイルのアイコンを目指しています。またメズム東京は、「Exactly like nothing else(唯一無二)」のホテルとして、マリオット・インターナショナルが展開する「オートグラフ コレクション ホテル」に加盟しています。開業初年度には、東京都内の厳選されたレストラン・ホテルを紹介する『ミシュランガイド東京2021』において、「極めて快適(Top class comfort)」を示す「4パビリオン」として掲載されました。

公式ウェブサイト:https://www.mesm.jp/

コメント