ヒルトン東京お台場、「COWMAN STEAK CLUB」の850g Tボーンステーキを導入!

2022年9月2日(金)よりBBQテラス「アブレイズ」でサーロインとフィレ肉の両方が贅沢に味わえるTボーンステーキを新たに導入いたします。ステーキ肉は神楽坂にある銘店「COWMAN STEAK CLUB」から取り寄せ、上質なブラックアンガス牛を850gという大満足なボリュームで楽しむことができます。また、お客様ご自身でもお店クオリティでおいしく焼けるよう肉の焼き方マニュアルもご提供いたします。

TボーンステーキTボーンステーキ

今回ご用意するTボーンステーキは“アメリカン・ビーフの最高峰”と言われるブラックアンガス牛ことアバディーンアンガス。「COWMAN STEAK CLUB」で扱っているブラックアンガス牛はアメリカのユタ州北部とアイダホ州南東部にまたがる渓谷地帯キャッシュバレーで育てられました。ロッキー山脈にほど近い28,000㎡もの広大な自社牧場のなか、ストレスフリーな環境で育った牛肉は、適度にサシが入っており、歯応えは柔らかで、赤身がしっかりとしており、和牛とは全く違う食べ応えと満足感を得られます。また、加工されてから輸出まで冷凍をせずチルドの状態で届くので、クオリティの高いお肉本来の味をお楽しみいただけます。さらにブラックアンガス牛のサーロインの脂肪分は和牛の約1/4 でカロリーは半分以下、タンパク質・ビタミンB12・鉄分・必須アミノ酸は黒毛和牛より多く含まれています(参照:「アメリカン・ビーフに含まれる栄養成分」<米国食肉輸出連合会>)。貴重なこの機会に、TボーンステーキをBBQスタイルでお試しください。

【COWMAN STEAK CLUBについて】

「The Room (ステーキハウス)」「ハンバーグとハンバーグ (ハンバーグ専門店)」「Express (ハンバーガー)」「Butcher (精肉)」の4つから構成された店舗でブラックアンガス牛をさまざまなスタイルで楽しめる「肉好き」が集まるお店です。アメリカのユタ州とアイダホ州にまたがる自然豊かなキャッシュバレーで自社牧場を開き、加工から出荷、精肉までを一貫して行い、クオリティが高く、安心・安全な本当に美味しいブラックアンガス牛を提供しています。

COWMAN STEAK CLUB外観
COWMAN STEAK CLUB外観

■BBQテラス「アブレイズ」Tボーンステーキコースの概要

●期間: 2022年9月2日(金)~10月30日(日)の金・土・日・祝

※金曜日はディナータイムのみの開催となります
●場所: ヒルトン東京お台場 2F・BBQテラス「アブレイズ」
●時間: ランチ  12:00~15:30
ディナー 16:30~21:00
●料金: お二人様19,500 円
※表示料金には税金・サービス料が含まれております
●メニュー: Tボーンステーキ、シーザーサラダ、焼き野菜、悪魔風焼きおにぎり、アイスモナカ
※すべて2名様分のご用意となります。
※そのほかBBQテラス「アブレイズ」、「シースケープ テラス・ダイニング」ではアラカルトを、日本料理「さくら」鉄板焼カウンターとルームサービスではセットメニューをご用意しています。

詳細はこちら
https://www.hiltonodaiba.jp/plans/restaurants/6526

お問合せ・ご予約はTEL:03-5500-5580(レストラン総合案内)10:00~20:00

ヒルトン東京お台場について

ヒルトン東京お台場は、スイートルーム18室を含む453の全客室に備えられたプライベートバルコニーからレインボーブリッジと東京都心のパノラマビューを一望することができる東京湾のウォーターフロントに位置するホテルです。鉄板焼、寿司、天ぷら、会席など、料亭のような趣の日本料理「さくら」、季節の食材をふんだんに取り入れた本格広東料理「唐宮(とうぐう)」、カクテルと豊富な種類のウイスキーを楽しめる「キャプテンズバー」に加え、オールデイダイニング「SEASCAPE TERRACE DINING (シースケープ テラス・ダイニング)」と「Grillogy BAR & GRILL(グリロジー バー&グリル)」。現代の東京を代表する新たなダイニング・デスティネーションとして進化しました。さらに、1,200平方メートルのボールルームを含むミーティング・イベントルームと2つのウエディングチャペルを備え、フィットネスセンターを含むスパには、海と空を望む開放的な屋外ジェットバスや室内プールも完備しています。

詳細はこちらをご覧ください。
https://www.hiltonodaiba.jp/, https://www.instagram.com/hilton_tokyo_odaiba/, https://www.facebook.com/hiltonodaiba
https://twitter.com/hiltonodaiba

コメント