ヒルトン東京『春のプティ・ブーランジェリー』パンが主役のアフタヌーンティー

スポンサーリンク

ヒルトン東京2階バー&ラウンジZATTAでは、3月11日(金)より5月中旬までの期間、ヒルトン東京ヘッドベーカー湯田 剛史(ゆだ つよし)が贈るパンづくしのアフタヌーンティー『春のプティ・ブーランジェリー』を開催します。

白を基調とした木製パン屋さん風スタンドなどには、苺や春の食材をふんだんに用いたパンが並びます。パン以外にもフレッシュ苺、スープ、サラダとホテル1階「マーブルラウンジ」のスイーツビュッフェより厳選した莓スイーツ2種類もセットに。お一人様¥5,200(土・日・祝日¥5,800)にて期間中毎日お楽しみいただけます。春には窓から桜並木も一望できる店内で、ゆったりとしたランチやアフタヌーンティーとしてはもちろん、シャンパーニュやワインを合わせて楽しむ軽めのディナーとしてもおすすめです。


桜エビと春キャベツのアンチョビパイ

お食事パンは、桜エビと春キャベツをアンチョビで味付けし、パイ生地で包んだ「桜エビと春キャベツのアンチョビパイ」、春に旬を迎えるクレソンのほんのりとした苦みがアクセントになった「マッシュポテトベーコンのフォカッチャ クレソンのマリネ乗せ」、出汁巻卵とワサビマヨネーズの相性抜群の「出汁巻卵のサンドイッチ」などに加え、「ビーフステーキのトリュフソースバーガー」、日替わりサラダとスープをご用意しています。

桜餡のトロペジェンヌ桜餡のトロペジェンヌ

春の装いでドレスアップしたお菓子パンは、桜風味のクッキー生地と、桜餡が上品な甘さの「桜餡のトロペジェンヌ」、いちごミルククリームをサンドした「ストロベリーミルクフランス」、米粉や白玉粉を用い、サクサクとモチモチ感が絶妙な「粒あん入り抹茶のクロワッサン」などバラエティに富んだラインアップでお届けします。

粒あん入り抹茶のクロワッサン粒あん入り抹茶のクロワッサン

食後にはホテル1階「マーブルラウンジ」の苺スイーツビュフェより、2種類の苺スイーツとグラスに盛られたフレッシュ苺もセットに。ドリンクは、カリフォルニア発、上質なオーガニックティーブランドART OF TEAの紅茶を含む20種類をご用意。「ストロベリークレーム」や満開の桜をイメージした「サクラブロッサム」などをお楽しみいただけます。

『春のプティ・ブーランジェリー』 概要

会場:                        バー&ラウンジZATTA (ヒルトン東京2F)
期間:                        3月11日(金)~5月中旬を予定
営業時間:                11:30am – 6:00pm (ご予約は11:30am – / 2:30pm – / 6:00pm – の3部制となります)
料金:                        お1人様   ¥5,200 (土・日・祝日は¥5,800) ※税金、サービス料別途
ご予約:                     ウェブサイト https://tokyo.hiltonjapan.co.jp/plans/restaurants/afternoontea/zatta-strawberry-spring

ヘッドベーカー 湯田 剛史
ヘッドベーカー 湯田 剛史

ヘッドベーカー 湯田 剛史

1974年生まれ。東京調理製菓専門学校高度技術経営科を卒業後、95年にホテルニューオータニに入社。ベーカリーの基本を習得し、主任昇進後は、レストランフェアにてアラン・デュカス氏やピエール・エルメ氏との仕事にも従事しました。2007年からはホテルエピナール那須にヘッドベーカーとして勤務し、地産地消をテーマに、契約農家が作る野菜やハーブを用いたパン作りを多く経験しました。その後2011年にベーカリー&レストラン沢村 旧軽井沢に入社。パン作りの基本に立ち返り、小麦、水、発酵を学ぶと共に、自家製酵母パンの製造を担当しました。ヒルトン東京には2014年10月に入社。ペストリー部門ヘッドベーカーとして、レストランで提供するパンやロングセラー「バナナブレッド」作りを担当しています。

【ヒルトン・クリーンステイ対策】

新しい日常に合わせ、十分に間隔を保った店内でゆったりとアフタヌーンティーをお楽しみいただけます。ヒルトンの新たな衛生基準となる「ヒルトン・クリーンステイ」の詳細はこちらをご覧ください。
https://www.hilton.com/ja/corporate/cleanstay/

ヒルトン東京について

ヒルトン東京は、世界展開を続けるホテルチェーン、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツのホテルの一つとして1963 年 6 月 20 日に永田町にオープン。東京オリンピックの前年、日本で初めての外資系ホテルとして誕生しました。 1984 年 9 月 1 日に現在の新宿副都心に移転、新宿副都心の一角、都庁にほど近く、 隣に新宿中央公園という恵まれた環境にあり、充実した施設と、 ヒルトンスタンダード といわれる高水準のサービスを誇るファーストクラスのホテルです。 8 階より 38 階までが客室となり、スイートを含む全 830 室の客室は、国際的ながらも日本の情緒をインテリアに取り入れ、全室有線/無線インターネットアクセスが完備されています。また、館内には、日本料理「十二颯」、中国料理「王朝」、「メトロポリタングリル」、バー&ラウンジ ZATTA を擁するダイニングフロア TSUNOHAZU 、「マーブルラウンジ」、英国風「セント・ジョージ バ ー」を含む 6 つのレストラン&バーを備えています。その他、正餐 600 名、立食 900 名まで収容可能な大宴会場と小中宴会・会議室計 21 室、ウェディング・チャペル、室内プール、ジム、サウナ、屋外テニスコートなどを完備したフィットネスセンター、並びに地下駐車場など、多目的ホテルとして十分な機能を備えています。ヒルトン東京に関する詳細は hiltontokyo.jp をご覧ください。

GOURMET
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント