池田理代子氏監修『ベルサイユのばらカレー』2種を先行販売!

池田理代子氏監修により、『ベルサイユのばら バターチキンカレー』と『ベルサイユのばら ビーフカレー』の2種類を、新名神高速「宝塚北サービスエリア」、ジュエリーカミネショッピングサイト、ジュエリーカミネの8店舗にて、4⽉23⽇から先⾏販売します。

今回の「ベルサイユのばらカレー」は、池田理代子氏の監修のもと制作させていただきました。『ベルサイユのばら バターチキンカレー』は、しっかり炒めた玉ねぎの甘み、バターのコク、トマトの心地よい酸味、オリジナルブレンドスパイスの程よい刺激などを見事に合わせた至高のレトルトタイプカレーです。さらには、『ベルサイユのばら ビーフカレー』は、香り立つスパイス、牛肉と玉ねぎの旨味があふれる本格派で、おうちで簡単に宮廷レストラン気分が味わえるレトルトタイプのカレーです。なお、両商品とも保存料・化学調味料不使用です。

【パッケージデザイン】

・至高の『ベルサイユのばら バターチキンカレー』

「王妃マリーアントワネット」と「オスカル」の美しい立ち姿が印象的です。さらに物語がクライマックスにさしかかり、お二人のまなざしの優しさも魅力のひとつです。至高のバターチキンカレーのため、洗練されたワンランク上の優雅なイメージのデザインを採用しています。


・愛と情熱の本格派『ベルサイユのばら ビーフカレー』

1972年の週刊マーガレット50号表紙のイラストです。人気が大爆発したころの作品で、誰もが憧れる「王妃マリーアントワネット」の華やかさや愛らしさと、剣を持ち華麗に舞う男装の麗人「オスカル」の凛々しさと可憐さが際立っています。「王妃様のお気に入り」のコンセプトで、愛らしさを重視したイラスト&デザインです。


■商品概要

1)『ベルサイユのばら バターチキンカレー』

・商品特長
しっかり炒めた玉ねぎの甘み、バターのコク、トマトの心地よい酸味、オリジナルブレンドスパイスの程よい刺激などを見事に合わせた至高のバターチキンカレーです。化学調味料・保存料は一切不使用です。
・定価:648円(消費税込み)1袋入り
・製造メーカー:ベル食品工業株式会社(大阪府大阪市)


2)『ベルサイユのばら ビーフカレー』

・商品特長
香り立つスパイス、牛肉と玉ねぎの旨味があふれる本格派ビーフカレーです。おうちで簡単に宮廷レストラン気分が味わえます。化学調味料・保存料は一切不使用です。
・定価:648円(消費税込み)1袋入り
・製造メーカー:株式会社キャニオンスパイス(大阪府泉南市)


■販売について

・販売者:株式会社ジュエリーカミネ(本社:神戸市中央区)
・先行発売日:2021年4月23日
・先行販売
・新名神高速「宝塚北サービスエリア」
・ジュエリーカミネショッピングサイト
http://www.jewelry-kamineshop.co.jp
・ジュエリーカミネの8店舗
※その他は、2021年4月24日以降に順次販売予定

■ジュエリーカミネのライセンス事業について

当社では、池田理代子先生の「ベルサイユのばら」の「ジュエリー絵画Ⓡ」を制作させていただいているご縁から、池田プロダクションとのコラボ商品事業を進めており、これまで『ベルサイユのばらサイダー』、『ベルサイユのばら紅茶』、FEILERともコラボした『FEILERベルサイユのばらハンカチ』などを展開しています。特に2018年10月には白ワインと国産クリームで仕上げた「フレンチビスク風」の『ベルサイユのばらカレー』を販売し、今回は『ベルサイユのばら バターチキンカレー』と『ベルサイユのばら ビーフカレー』の2種類を商品化しました。

■ジュエリー絵画Ⓡについて

ジュエリーカミネでは、日本が誇るアニメーション文化を発信する新ジャンルの商品として、「ジュエリー絵画Ⓡ」を制作、日本国内をはじめ海外で積極的に販売を展開しています。「ジュエリー絵画Ⓡ」は、輪郭の線画以外はすべて宝石を素材に作られています。熟練した職人が一つ一つ手作業で宝石を敷き詰めて制作する絵画で、細かい部分は宝石を砕き、パウダー状にして貼り付けています。
今までに手塚治虫先生の「鉄腕アトム」や「火の鳥」、池田理代子先生の「ベルサイユのばら」、高橋留美子先生の「るーみっくわーるど」などの不朽の名作漫画、(株)サンリオの「ハローキティ」をはじめとする「サンリオキャラクターズ」などを展開しています。

■お問い合わせ先

株式会社ジュエリーカミネ
〒650-0022 神戸市中央区元町通3丁目5-8
ライセンス事業部
TEL:078-332-5575  FAX:078-332-5513
ジュエリーカミネショッピングサイト
http://www.jewelry-kamineshop.co.jp

FOOD
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント