ヒルトン東京、マーシャル・ディフォー総料理長が就任!

ヒルトン東京の総料理長として、マーシャル・ディフォー氏 (Martial Diffor) が2021年4月付で就任しました。

フランス生まれのマーシャルは、1990年にフランス アルザスのレストランにてキャリアをスタートします。フランスとスイスのルレ・エ・シャトーホテルにて研鑽を積んだ後、1996年以降は豪華クルーズ客船のシェフとして活躍します。総料理長を務めたのち、クルーズ業界を離れたマーシャルは、2008年にはノボテル バーレーン アル ダナ リゾートの総料理長兼料理飲料部ディレクター、2011年にはノボテル北京ピースの総料理長を歴任します。

2013年よりヒルトングループに加わったマーシャルは、ニュージーランドのヒルトンオークランドの総料理長を務めた後、2017年にはヒルトン東京ベイの総理長に着任。ヨーロッパ、中東、アジアなど世界中で30年以上のキャリアを有するマーシャルは、卓越した調理技術と豊富な知識、高いマネジメント能力はもちろん、世界中のゲストが集う豪華客船で培われた高い衛生基準と品質管理の手腕を評価され、日本において旗艦ホテルであるヒルトン東京の総料理長として招聘されました。今後ヒルトン東京の総料理長として、6つのレストラン・バーと1,200名まで収容可能な21の宴会場のオペレーション、ケータリングを統括すると共に、より高い品質・衛生管理、世界レベルの多種多様な食のニーズへの対応、サステナビリティ、食品ロス削減などにも取り組んで参ります。

ヒルトン東京について

ヒルトン東京は、世界展開を続けるホテルチェーン、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツのホテルの一つとして1963年6月20日に永田町にオープン。東京オリンピックの前年、日本で初めての外資系ホテルとして誕生しました。1984年9月1日に現在の新宿副都心に移転、新宿副都心の一角、都庁にほど近く、隣に新宿中央公園という恵まれた環境にあり、充実した施設と、“ヒルトンスタンダード”といわれる高水準のサービスを誇るファーストクラスのホテルです。8階より38階までが客室となり、スイートを含む全825室の客室は、国際的ながらも日本の情緒をインテリアに取り入れ、全室有線/無線インターネットアクセスが完備されています。また、館内には、日本料理「十二颯」、中国料理「王朝」、「メトロポリタングリル」、バー&ラウンジZATTAを擁するダイニングフロアTSUNOHAZU、「マーブルラウンジ」、英国風「セント・ジョージ バー」を含む6つのレストラン&バーを備えています。その他、正餐600名、立食900名まで収容可能な大宴会場と小中宴会・会議室計21室、ウェディング・チャペル、室内プール、ジム、サウナ、屋外テニスコートなどを完備したフィットネスセンター、並びに地下駐車場など、多目的ホテルとして十分な機能を備えています。ヒルトン東京に関する詳細はhiltontokyo.jp をご覧ください。

東京・新宿のホテルなら【ヒルトン東京】
ヒルトン東京の公式サイト。東京、新宿での宿泊、レストラン、ウエディング、宴会には、西新宿の高層ビル群を望む絶好のロケーションのヒルトン東京をご利用下さい。ヒルトン東京は日本初の外資系ホテルです。
FOOD
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント