神奈川県産の良質食材を使用した朝食メニュー「神奈川朝食」が誕生!地産地消・食品ロス削減へ

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズは、オールデイブッフェ「コンパス」にて人気の朝食メニューに、レストランシェフが厳選した神奈川県産の良質食材を取り入れたメニューを「神奈川朝食」と名付け、充実したラインナップに一新した朝食を今春より提供している。

ホテルステイの醍醐味でもあるこだわりの朝食。「コンパス」のシェフが提案する〝朝食は一日を豊かにする大切な食事〟との考えのもと、和洋中のバリエーション豊かな品数を取り揃えることをベースに、老若男女問わず楽しめるメニュー作りを行ってまいりました。昨今のコロナ禍で食を通して、健康を見直す風潮がより一層高まる中、地のものを取り入れることで、旬の新鮮な素材を使用することができ、如いては身体に優しい安心した食の提供に繋がることを目指しております。また、環境にも配慮した食材を使用することにも目を向け、地産地消を考慮した農畜水産物やそれらを使用した加工品など県を代表する特産品を組み合わせたオリジナリティ溢れるメニューをご用意している。

特にフレッシュサラダに使用する野菜選びには一際こだわり、横浜市内の契約農家へシェフ自らが足を運び、季節に合わせた新鮮な野菜を選定、それらをメニューに取り入れているレストランとして「よこはま地産地消サポート店」に登録し、市が推奨する「横浜農場」の取り組みに賛同するほか、株式会社ヤサイクルと共同取り組みを行う「自立循環型食品リサイクルループ=ヤサイクル」を2008年より導入し、食品ロス削減のために、ホテル館内で堆肥化した食品資源で栽培された三浦産のエコ野菜も積極的に使用しています。これらの活動については、2021年3月31日に発表されました第2回「横浜市SDGs認証制度“Y-SDGs”」において <上位 Superior>認証の獲得にも繋がっております。更には、〝かながわブランド〟として登録される「湘南しらす」「三浦のだいこん」「かながわのカマス」「かながわのわかめ・アカモク」「湘南そだち米〝はるみ〟ブレンド」をはじめ、県産品として国内でも名高い「大山とうふ」や「小田原の梅干し」、そして観光名所である横浜中華街の老舗店「大珍楼の豚肉焼売」などご当地らしいメニューも随所に取り入れ、地元神奈川の食の魅力を横浜ベイシェラトンから発信している。

【神奈川県産の良質食材を使用した朝食メニュー「神奈川朝食」概要】

■提供場所: オールデイブッフェ「コンパス」/2F
■時  間: 7:00~10:00 (L.O.9:30)
■メニュー内容:地産地消を考慮した神奈川県産のシェフ厳選食材を使用したメニュー
※全50種類以上の朝食メニュー内に、県産のこだわりメニューを取り入れている。
■販売料金: ¥3,751(税込み)

【「横浜農場」とは】

横浜は大都市でありながら、市民に身近な場所で、野菜や米をはじめ肉などの畜産物まで多品目の新鮮で安心な農畜産物が生産され、美しい農景観が広がっています。
また、意欲的な生産者、市内産農畜産物を利用する飲食店・事業者、「農」に関心が高い市民(消費者)など様々な主体が関わって地産地消を進めているのも横浜の特徴です。
このような、横浜らしい農業全体(生産者、市民、企業などの農に関わる人々、農地・農景観、農業生産活動など)を一つの農場に見立て、「横浜農場」という言葉で農業のPRを進めています。

【オールデイブッフェ「コンパス」シェフ 髙木 浩平】

1976年生まれ。小さいころから将来の夢は「シェフ」。調理師学校で学んだ後、フランス料理店で修業し、料理の基礎を固める。料理を通してフランスに魅せられ、大学のフランス語学科に入学し4年間フランスについての造詣を深める。卒業後、 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズへ入社、フレンチ「ベイ・ビュー」や宴会キッチンを経て2018年 、横浜スタジアム内NISSAN STAR SUITESの専属シェフを任され、立ち上げから務める。2019年オールデイブッフェ「コンパス」のトップシェフに就任しオーダーブッフェ“グルメパレット”を手掛ける。

【お客様からのご予約・お問合せ】
レストラン総合予約 045-411-1188 (10:00~18:00)

URL:https://portal.marriott.com/tyoys-yokohama-bay-sheraton-hotel-and-towers-dining/all-day-buffet-compass

FOOD
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント