「発酵食」をテーマとした食のイベント『HAKKO MARUNOUCHI 』を開催


この度「食育丸の内」では、コロナ禍により命について考えることが増えた今こそ、心身の健康の基礎となる日々の食について、今一度考えるきっかけをつくりたいという思いから、味噌などの発酵食品をメインにしたメニューの提供や、オンラインでのワークショップを行う『HAKKO MARUNOUCHI *2』を開催します。

■なぜ、いま「発酵」なのか? ~日本人が愛し、⼤切に受け継がれてきた⾷⽂化と発酵の知恵を取り入れる~

感染症へのリスク対策や未病の観点から、自己免疫力を高める日々の食生活が重要視されています。腸と脳(心)は密接に関係しているともいわれ、健康な体を作るためには、腸内環境を整え、善玉菌を増やしていくことが、大切になります。積極的に発酵食品を食事に取り入れることは、腸内環境を整えるだけでなく、自身の心身も整え、健康を維持することへと繋がるため、発酵食品は大きな注目を集めています。日本の食文化における基本の伝統調味料である、味噌、醤油、みりん、酒、酢なども全て微生物である「糀(こうじ)」から作られている発酵調味料です。納豆や漬物といった古くから親しまれている食品の中にも微生物の発酵の力を使ったものが多く見られます。

■『HAKKO MARUNOUCHI 』とは?*2

『HAKKO MARUNOUCHI』は、発酵食品の中から「味噌」にフォーカスし、発酵料理研究家である舘野真知子氏監修のもと、全国から選りすぐった3軒の味噌蔵それぞれの個性に合わせて開発した、イベント限定の味噌汁と発酵食品を使ったメニューの提供を行います。また、発酵食品のプロが教えるワークショップやMarunouchi Happ. Stand & Galleryでの“無料 ふるまい味噌汁”などを通して、日本人が愛してきた味であり、大切に受け継がれてきた食文化でもある自然発酵や天然醸造で丁寧に作られた発酵食品を、日々の食生活に取り入れる大切さをお伝えします。

■一人ひとりが「整う」ことで、まち全体も「整う」。明日の活力を生み出す大切な循環。

東京・丸の内エリアを訪れる人や働く人、一人ひとりの健康を整えていくことで、まち全体を健康で生き生きと働ける場所へと整え、日本全体にその輪を広げていく。全ての人が自分らしく活気にあふれて働くまちを実現する、その第一歩として、『HAKKO MARUNOUCHI』を開催します。

<『HAKKO MARUNOUCHI』開催概要>

開 催 日 時:2021年3月15日(月)~4月4日(日)
開 催 場 所:Marunouchi Café、Marunouchi Happ. Stand & Gallery、
有楽町 micro FOOD & IDEA MARKET 、オンライン
ホ ー ム ペ ー ジ:https://shokumaru.jp/hakko_marunouchi/ (3月12日(金)以降公開)
主   催:三菱地所株式会社 協力:愛媛県宇和島市 / 愛媛県西予市

○食育丸の内*1

“食”を通じて日本を活気づけたい!という思いから2008年に始まったプロジェクト。日本 経済の中心地、東京・丸の内に働く約28万人を元気にする「食育」を使命にスタートしました。「食育丸の内」プロジェクトを強烈なパワーで牽引する「丸の内シェフズクラブ」。世界の食が集積するここ丸の内を舞台に、大人の食育活動を推進していきます。

FOOD
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント