【実食レポ】ヒルトン東京「バー&ラウンジ ZATTA」で、パン尽くしのアフタヌーンティーを満喫!

ヒルトン東京 2階 バー&ラウンジZATTAでは、9月17日(金)より11月11日(木)までの期間、ヒルトン東京ヘッドベーカー湯田 剛史(ゆだ つよし)氏が贈るパン尽くしのアフタヌーンティー『プティ・ブーランジェリーwith ART OF TEA』を開催しています。

厳選された小麦粉とバターを用い、絶妙の発酵と焼き加減によりパンのおいしさを追求した「プティ・ブーランジェリー」のコンセプトは、パン屋さんに並ぶ様々なパンを一度に何種類も楽しめるよう考案されました。

朝一番でパン屋さんに入ったとき、綺麗に陳列された各種の焼きたてパンの香りが辺り一面に漂い、幸せな気持ちに包まれることがある。「このパン屋さんに並ぶ様々なパンを一度に何種類も食べてみたいな」という願いを持つことが多いのではないでしょうか。

パンの名店でキャリアを積み、天然酵母や小麦、水、熟成のバランスを知り尽くしたヘッドベーカー湯田 剛史氏がこだわったパン尽くしのアフタヌーンティーをいただきに、バー&ラウンジZATTAをナイトタイムに訪問しました。

■パンスタンド

パンを並べるスタンドも特徴的で重厚感タップリ。書斎の机の引き出し部分を分解して組み上げたかのような手の込んだつくりとなっており、スタンドというよりも陳列棚。その棚に10種類のパンが部屋を飾る調度品のように色鮮やかで美しく陳列されている。そのラグジュアリーな雰囲気に食する前からため息が出ます。


▲日替わりスープの「グリーンビーン・スープ」
アフターヌーンティに最適な苦みがある美味しいスープでした。最初にサーブされます。

■ライ麦パンのパテ・ド・カンパーニュ

特有の香りと弾力にシットリとした食感のライ麦パンは期待を裏切らない美味しさ。パテ・ド・カンパーニュも新鮮で滑らかな食感でレバー特有のクセがないので、ライ麦パンによく合い、食べ応えがある。噛みしめるごとにパテがパンと絡み合い、パンのおいしさをしみじみと感じさせる一品だった。

■ブルーチーズのホイップと無花果ジャムのブルスケッタオープンサンド

ブルーチーズの薄っすらとした高貴な香りが終始、口の中に漂う。その香りがオーブンで焼いたブルスケッタの香ばしい香りと少しずつ絡み始め、最後は無花果の控えめな甘味とともにブルスケッタの柔らかい部分と融合し、口の中から消えていく。食べ終わった後、しばらくの間ブルーチーズのほのかな香りが口の中で残り続けるのが心地よい。

■黒糖もちもちドーナッツ

米粉とタピオカ粉を用い、もっちりと仕上げるグルテンフリーのなど、甘さを控えた上品な味わいのお菓子パン。紅茶との相性も抜群だった。

■ロッシーニバーガー

直径5㎝のミニバンズに牛フィレ肉のステーキとフォアグラをサンドし、トリュフソースを贅沢に合わせた一品。

お肉は楊枝で支えないと形を成さないほどに柔らかい。キメも細かく旨味が繊維の一本一本に染み入っていてジューシーな味わい。さらに、プルンとしていて鮮度がよく、特有の上品な香りを放つフォアグラも見逃せない。

定番のロッシーニをバンズと一緒に頂くと、また違った別の料理の世界に引き込まれる。パンの包み込むような優しい食感が噛みしめるたびに肉と融合して変化していく。パンの美味しさを再確認するとともに、パンが持つ、他の食材を引き立てる能力も感じさせる逸品でした。

■スパイスドバタービア(アフターヌーンティ限定カクテル)

上品で丸いホップの香り、バターの優しい香り、スパイスとしての松の香りに包まれる至福の一品。構成は、ノンアルコールビール、バタースコッチシロップ、ホイップクリーム。香り付けとして松の葉。ホールスタッフからお勧めの飲み方の提案をいただいた。気さくだが丁寧さを失わない洗練された接客。

ドリンクの美味しさだけでなくスタッフの配慮に気分が豊かになる。提案によると、最初はグラスの下部のビールを味わい、次にホイップクリームを撹拌した後に味わうと、2種類の味を楽しむことができるとのこと。ホイップクリームの有無では全く別の飲み物となった。クリーム撹拌後はムース状のホップの軽い苦味が効いた大人のスイーツといっても過言ではない。味の変化を楽しみつつビールらしくノド越しの快感さも楽しむことができました。

同時に注文したジンジャーティークーラー(アフターヌーンティ限定カクテル)は、ジンジャーとレモンのキレ味が際立つドリンク。キリッとした大人の味わいを満喫しました。

今回の企画は、一口から二口サイズの素材・焼き加減・形状の異なる10種類のパンがスタンドに整然と飾られて提供され、スープ、サラダ、ヒルトンスイーツと同時に提供されるというもの。まさにその「一口ずつ食べてみたい」という願いが成就する時間を堪能できます。パン好きは見逃すことができないアフターヌーンティーとなっています。

「コールドドリンクセレクション」からはアイスコーヒー、アイスティー、アイスカフェラテ、アイスココナッツラテ、アイスシーズナルラテ、オレンジミントアイスティー、パッションフルーツティーソーダ。

「ホットティーセレクション by ART OF TEA」からはアールグレイ、ダージリン、イングリッシュブレックファースト アッサム 、トロピカルブレンド、ハイビスカスベリー、アップルパイ、チョコレートモンキー、エジプシャンカモミール、フレンチレモンジンジャーがあり、多彩なラインナップから注文可能。もちろん、おかわり自由です。

「チョコレートモンキー」をいただきましたが、ほんのりとしてカカオの風味で非日常的な味わいを楽しみました。メニューはQRコードから読み込むことも可能です。

今回のアフタヌーンティーはボリュームもあり、午後のアフタヌーンティーとしてだけではなく、ランチやディナーとしても十分楽しめる内容でした。週末は混んでいるようですのでご予約はお早めに。

執筆協力:藤田コウ

■『プティ・ブーランジェリーwith ART OF TEA』 概要

会場: バー&ラウンジZATTA (ヒルトン東京2F)
期間: 9月17日(金)~11月11日(木)
営業時間: 11:30am – 6:00pm (ご予約は11:30am – / 2:30pm – / 6:00pm – の3部制となります)
料金: お1人様 ¥5,000 (土・日・祝日は¥5,400) ※税金、サービス料込
メニュー:
「ロッシーニバーガー」、「ピスタチオ・マリトッツォ」、「ラズベリーのクロワッサン」、「季節のフルーツデニッシュ」、「クイニーアマン」、「栗のスコーン モンブランクリーム」、「黒糖モチモチドーナッツ」、「トマト&ハーブグリッシーニ」、「きのこのフォカッチャ」、「ライ麦パンのパテ・ド・カンパーニュ」、「ブルーチーズのホイップと無花果ジャムのブルスケッタオープンサンド」、ヒルトンスイーツ、日替わりサラダ、日替わりスープ

※パンの内容は日によって異なる場合もございます。
ご予約:
ウェブサイト https://tokyo.hiltonjapan.co.jp/plans/restaurants/afternoon/zatta-2109

ヘッドベーカー 湯田 剛史


ヘッドベーカー 湯田 剛史

1974年生まれ。東京調理製菓専門学校高度技術経営科を卒業後、95年にホテルニューオータニに入社。ベーカリーの基本を習得し、主任昇進後は、レストランフェアにてアラン・デュカス氏やピエール・エルメ氏との仕事にも従事しました。2007年からはホテルエピナール那須にヘッドベーカーとして勤務し、地産地消をテーマに、契約農家が作る野菜やハーブを用いたパン作りを多く経験しました。その後2011年にベーカリー&レストラン沢村 旧軽井沢に入社。パン作りの基本に立ち返り、小麦、水、発酵を学ぶと共に、自家製酵母パンの製造を担当しました。ヒルトン東京には2014年10月に入社。ペストリー部門ヘッドベーカーとして、レストランで提供するパンやロングセラー「バナナブレッド」作りを担当しています。

【ヒルトン・クリーンステイ対策】
新しい日常に合わせ、十分に間隔を保った店内でゆったりとお食事 をお楽しみいただけます。 ヒルトンの新たな衛生基準となる「ヒルトン・クリーンステイ」の詳細はこちらをご覧ください。
https://www.hilton.com/ja/corporate/cleanstay/

■ヒルトン東京について

ヒルトン東京は、世界展開を続けるホテルチェーン、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツのホテルの一つとして1963 年 6 月 20 日に永田町にオープン。東京オリンピックの前年、日本で初めての外 資系ホテルとして誕生しました。 1984 年 9 月 1 日に現在の新宿副都心に移転、新宿副都心の一角、都庁にほど近く、隣に新宿中央公園という恵まれた環境にあり、充実した施設と、 ヒルトンスタンダード といわれる高水準のサービスを誇るファーストクラスのホテルです。 8 階より 38 階までが客室となり、スイートを含む全 830 室の客室は、国際的ながらも日本の情緒をインテリアに取り入れ、全室有線/無線インターネットアクセスが完備されています。また、館内には、日本料理「十二颯」、中国料理「王朝」、「メトロポリタングリル」、バー&ラウ ンジ ZATTA を擁するダイニングフロア TSUNOHAZU 、「マーブルラウンジ」、英国風「セント・ジョージ バー」を含む 6 つのレストラン&バーを備えています。その他、正餐 600 名、立食 900 名まで収容可能な大宴会場と小中宴会・会議室計 21 室、ウェディング・チャペル、室内プール、ジム、サウナ、屋外テニスコートなどを完備したフィットネスセンター、並びに地下駐車場など、多目的ホテルとして十分な機能を備えています。ヒルトン東京に関する詳細は hiltontokyo.jp をご覧ください。

東京・新宿のホテルなら【ヒルトン東京】
ヒルトン東京の公式サイト。東京、新宿での宿泊、レストラン、ウエディング、宴会には、西新宿の高層ビル群を望む絶好のロケーションのヒルトン東京をご利用下さい。ヒルトン東京は日本初の外資系ホテルです。

コメント