深海に住む“幻のカニ”「ディープシークラブ」レッドロブスター15店舗で販売開始!

シーフードレストラン「レッドロブスター」では、2021年9月22日(水)より、“幻のカニ”と呼ばれる「ディープシークラブ」の販売店舗を拡大し、グランドメニューでの取り扱いを開始いたしました。また、それに合わせて“究極”のシーフード盛り合わせ「アルティメイト・シーフードプラッター」が復活いたしました。

レッドロブスタージャパンが運営するシーフードレストラン「レッドロブスター」では、2021年9月22日(水)より、「ディープシークラブ」の販売店舗を拡大し、グランドメニューでの取り扱いを開始いたしました。


ディープシークラブ(500g) 3,690円(税込4,059円)

「ディープシークラブ」は、2021年9月1日(水)より、江ノ島店をはじめとする10店舗にてトライアルも兼ねた数量限定販売を行っておりました。色味が一般的なカニと異なり、見た目からは敬遠されがちなカニではありますが、実際に販売を行ったところ非常に多くのお客様からご好評を頂き、レギュラーメニュー化希望のお声をたくさん頂戴いたしました。

そのような中で、安定した供給ルートの確保も出来たため、2021年9月22日(水)よりグランドメニューとしての取り扱いを始めさせて頂きました。販売店舗数は10店舗から15店舗へと増やし、より多くのお客様に気軽に「ディープシークラブ」の美味しさをご堪能頂けるようにいたしました。

それに合わせて、しばらくの間販売休止しておりました「アルティメイト・シーフードプラッター」が「ディープシークラブ」を盛り合わせた形で復活いたしました。​


アルティメイト・シーフードプラッター 3,990円(4,389円)

人気の冷製シーフードを盛り合わせた豪華なワンプレートは言わば“究極”の一皿。今回レギュラー入りした「ディープシークラブ」はもちろんのこと、パーナ貝のイタリアンマリネ・カクテルシュリンプ・ロブスタークロー・スモークサーモン・ムール貝・COLDオイスターをお楽しみ頂くことが出来ます。写真映えする見た目は一皿あるだけでテーブルを華やかに演出してくれます。

【販売概要】

<商品名>
・ディープシークラブ(500g) 3,690円(税込4,059円)
・アルティメイト・シーフードプラッター 3,990円(税込4,389円)
<販売開始日時>
2021年9月22日(水)
<実施店舗>
・東京都:練馬関町店、上板橋店、武蔵野関前店、北小岩店、上池台店、多摩境店、お台場店
・神奈川県:江ノ島店、逗子店、新本牧店、大和店、東戸塚店
・千葉県:新松戸店、みつわ台店
・埼玉県:川口店
計15店舗

【シーフードレストラン レッドロブスターとは】

1968年アメリカで誕生し、1982年に日本に上陸したシーフードレストランチェーン。
レッドロブスター最大の武器は何といっても美味しいシーフードを使ったメニュー。カナダから直送される身の詰まったライブロブスター、様々な調理方法でお楽しみ頂けるオイスター、旨味たっぷりのクラブやシュリンプがその代表です。さらにジューシーなステーキ、ピザやパスタ、パエリアなどご家族やカップルなど老若男女を問わずお楽しみ頂けるメニューをバラエティ豊かにご用意しております。

TOP | RedlobsterJapan
| 全米No1シーフードレストラン
FOOD
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント