【実食Repo】帝国ホテル「カレーフェア」の新作「深谷ねぎカレー」で暑い夏を乗り切る!


帝国ホテル 東京は、8月31日(火)まで、本館1階の「パークサイドダイナー」で毎夏恒例の「カレーフェア」を開催しています。

2021年の「カレーフェア」では、帝国ホテル 東京料理長の杉本雄が、初代会長 渋沢栄一にオマージュを込め、出身地である埼玉県深谷市名産の深谷ねぎを使用した新作カレー「深谷ねぎカレー」を提供しており、試食に伺いました。

■【新作】深谷ねぎカレー ~初代会長 渋沢栄一にオマージュを込めて~
(2 ,900円)

「深谷ねぎカレー」は、渋沢翁の出身地 埼玉県深谷市の名産品「深谷ねぎ」を使用し、見た目も鮮やかに仕上げた帝国ホテルの新しいカレーです。

グリーンカレーとココナッツオイルをベースにし、夏らしく深谷ねぎの持ち味である甘味や苦味、辛味などを活かすとともに、ルーの旨味とコクを引き出したカレーです。

深谷ねぎの青い部分で作ったオイルをライスに和え、甘味が特徴の白い部分はこんがりとグリルしています。深谷市の「むさし麦豚」を低温調理で柔らかくジューシーに仕上げ、赤玉ねぎ、ピーマン、新芽のコリアンダーを添えています。

「むさし麦豚」は食感がよく、芳醇な風味が味わえる大変美味しいポークでした。カレーとライスは全体的に爽やかな旨味溢れる品で、夏に最適。

爽快さを味わうことのできるカレーで美味しかったです。ビジュアル的にもグリーンで統一され美しいカレーです。

実食の後半、ライムを絞って、味わいの変化を楽しみました。
ライムをギュッと絞ると、カレー自体の爽快さが大幅に増します。カレーのルーとライスとライムが混ざりあった絶妙のハーモニーを味わいました。

杉本雄料理長 渾身の一品で、深谷ねぎは白い部分から青い部分まで余すことなく使用しているところも好感が持てます。


■「深谷ねぎカレー」に込めた想い(帝国ホテル 第14代東京料理長 杉本 雄)

帝国ホテルには著名人ゆかりのさまざまなメニューがあります。それはどれも、その方々がより喜んでいただけるにはどうしたらよいかと考え抜いた、歴代シェフたち渾身の品々です。今回の「深谷ねぎカレー」も、もし渋沢栄一翁に食べていただけるなら、という想いを込めて創作した一品です。

1867年、当時27歳だった渋沢翁は、パリ万博幕府使節団の一員として日本を出発しました。その旅の様子を綴った『航西日記』の中で、旅の途中で立ち寄ったセイロンでカレーに出会ったと記しています。私はそこに着想を得て、渋沢翁の出身地(埼玉県深谷市)の特産物である深谷ねぎとむさし麦豚を組み合わせたカレーを考案しました。深谷ねぎは白い部分から青い部分まで余すことなく使用しています。深谷ねぎが本来持っている旨味をお楽しみください。

■【新作】シーフードのスキレット仕立て レモングラス風味のカレーソースで 
(3 ,500円)※ライス付

スキレットに盛り込まれたシーフード(海老、ホタテ、紋甲イカ、メカジキ)と夏野菜(とうもろこし、なす、ししとう、トマト、レモン)をグリルにし、レモングラス、ナンプラーで香りを付けた贅沢でボリューム満点のカレーです。

自家製のカレーにレモングラスを加え爽快さを演出したカレーです。海老の焼き具合が香ばしく最高の美味しさでした。トマト、ナスなどの野菜の焼き具合もちょうどよく、コーンは甘味があり、香ばしさも楽しみました。

こちらのカレーにはレモンが添えられており、レモン汁でさらに爽快さを増すことができます。味わいの変化を楽しむことができる仕掛けは、食の楽しみが増し、大変有難かったです。


■「High Ginger(ハイ ジンジャー)」(1,400円)

生姜とライムが効いたオリジナルノンアルコールカクテルです。すりおろしの生姜を使った健康的なドリンクで、生姜の風味と食感、ライムの爽やかさが同時に味わえます。

キリッとした口当たりが、カレーのお供に最適です。喉越しもよく、カレーの後味を爽快にさせる効果もあります。

■「マンゴーラッシー」(1,300円)

「マンゴーラッシー」は、ビタミンCやカリウムが豊富な旬の果物マンゴーを、ラッシーに仕上げています。甘味と程よい酸味がカレーの旨みをさらに高いステージへと引き上げてくれました

帝国ホテル 東京 本館1階 オールデイダイニング「パークサイドダイナー」では、定番人気メニューの

●帝国ホテル特製ビーフカレー 2,700円
●野菜カレー 2,700円
●海老フライのカレー 3,200円

も引き続き提供しています。野菜カレーは不動の一番人気で、野菜を通して不足しがちなビタミンが取れますので、こちらも暑い夏にオススメの逸品です。

暑い夏を乗り切る帝国ホテルのカレーをぜひ一度お試しください。
「カレーフェア」は8月31日までの開催です。

□レストラン
場所     :本館1階  オールデイダイニング「パークサイドダイナー」
提供期間   :7月1日(木)~8月31日(火)
営業時間   :7:00~20:00(ラストオーダー 19:30) ※7月16日現在
当該メニューご提供時間は11:00~20:00
お問い合わせ:TEL.03-3539-8046

カジュアルレストラン パークサイドダイナー | 帝国ホテル 東京 | 銀座・日比谷・有楽町エリア
人気のパンケーキやサンドイッチ、カレーなど帝国ホテル伝統の味を気軽にお楽しみいただける、オールデイダイニング「パークサイドダイナー」。卵料理を中心としたご朝食から、グラタンやオムライス、ステーキなどお好きなメニューをアラカルトで深夜までご用意。サラダやスープの付いたセット料理もご用意しております。

●【新作】ナシゴレン風ドライカレー グリルチキン添え 3,000円

インドネシアのフライドライス、ナシゴレンをカレー風味に仕立て、グリルチキンとあわせてご提供します。海老、目玉焼きをトッピングし、カレーソースを添えた、ボリュームのある一品です。

●カボチャとココナッツミルクの冷製スープ 1,400円

カボチャとココナッツの甘みが絶妙な冷製スープです。

※価格は全て消費税込・サービス料別

FOOD
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント