【外食調査結果】緊急事態宣言中、外食したのは約 6 割!8割以上が「飲食店を応援したい」と意思表示!

オンライン展示会プラットフォーム DMM [SHOWBOOTH] を運営するDMM.comは、全国の 20 代~50 代のビジネスパーソン男女 500 名を対象に、「食生活と外食に関する調査」を実施しました。

本調査では、緊急事態宣言中の外食状況や、コロナ禍の食生活の実態が明らかになりました。緊急事態宣言中に外食をした人は約 6 割で、その理由としては「美味しいものを食べたい」「飲食店を応援したい」に多くの回答が集まりました。また、飲食店を応援したい人は 8 割以上いる一方、外食の頻度や人数、平均支払額は減少しているという現実も浮き彫りとなりました。

このような厳しい状況に置かれる飲食業界を応援することを目的に、オンライン展示会プラットフォーム DMM [SHOWBOOTH] にて『飲食店経営強化 EXPO2021』を 7 月 28 日(水)から 7 月 30 日(金)に開催いたします。

飲食店経営強化 EXPO2021 について

本調査では、コロナ禍で外食を自粛する傾向が見られる一方で、「美味しいものを食べたい」「飲食店を応援したい」と感じている人は多いという事実が明らかになりました。当社は、厳しい状況に置かれる飲食業界を応援することを目的に、オンライン展示会プラットフォーム DMM [SHOWBOOTH] にて『飲食店経営強化 EXPO2021』を 7 月 28 日(水)から 7 月 30 日(金)に開催いたします。ニューノーマル時代を生き抜くために、新たな着眼点から挑戦する飲食業界のトップランナーによる、全 13 のオンラインセミナーも開催予定です。

概要

・会期:2021 年 7 月 28 日(水)10:00~7 月 30 日(金)18:00・会場:飲食店経営強化 EXPO2021 サイト内(オンライン)・主催:合同会社 DMM.com

・来場申し込み:受付中(来場登録・セミナー視聴無料)

<「飲食店経営強化 EXPO2021」来場登録・セミナー視聴 URL>

https://showbooth.dmm.com/events/food/

■担当者コメント

新型コロナウイルスの影響による業績悪化で、閉店や業態変更が相次いでいる飲食・外食業界。
今後は「with コロナ」や「after コロナ」といった消費者活動の変化や新生活様式への対応も必要な局面に立たされています。

DMM は、苦難が続いている飲食業界が、業界の知恵やノウハウを共有し、コロナ後の世界に打ち勝っていけるきっかけになる場作りを目指し、「フードテック」「店舗向けソリューション」に関係する企業が一堂に会する無料のオンライン展示会「飲食店経営強化 EXPO2021」を開催いたします。

本展示会では、全国の飲食店をサポートすべく、まさに今直面している「デリバリー」「テイクアウト」「キャッシュレス」「EC」「業務効率化」といった様々な課題が解決できる場をご提供いたします。

食生活と外食に関する調査について

調査結果トピックス

1.緊急事態宣言中、約 6 割が「外食した」。理由「美味しいものを食べたい」「飲食店を応援したい」外食した店は、「緊急事態宣言前から利用していた店」派が多数。

2.緊急事態宣言中の外食頻度は「週 1~2 回」と少ない傾向に。人数は、3 人に 1 人が「1 名」と回答。緊急事態宣言中のディナー支払金額「1,000 円以上 2,000 円未満」が最多に。8割以上が、コロナ禍で「飲食店を応援したい」。

3.自炊の頻度は「毎日」が約 4 割で最多。理由「節約になる」「緊急事態宣言中のため」「感染対策」「料理が好き」は 2 割以下に。約 6 割、「自炊を負担に感じている」。

4.約 6 割が食生活への関心が高まった!「美味しいものを食べたいと思うようになった」人 6 割以上。

<調査結果>

1.緊急事態宣言中、約 6 割が「外食した」。理由「美味しいものを食べたい」「飲食店を応援したい」
2. 外食した店は、「緊急事態宣言前から利用していた店」派が多数。

新型コロナウイルスの影響で生活が一変しましたが、その中でも大きく変化したものの一つとして挙げられるのが「食」です。地域によっては、飲食店の経営自粛や営業時間に制限が設けられました。本調査では、コロナ禍で人々の食生活にどのような変化が起きたのかについて調べました。

まず、緊急事態宣言中に外食をしたかどうかを聞いてみると、約 6 割の人が「外食をした」(58.0%)ことが判明しました。外食をした理由としては、半数以上の人が「美味しいものを食べたい」(55.9%)と回答。次いで、「飲食店を応援したい」(37.6%)、「ストレス解消」(30.3%)という結果となりました。食事以外の行動を制限されストレスも感じてしまう緊急事態宣言下で、ストレス発散や気分転換に外食をしたいと考えている人が多いのでしょうか。

また、利用するお店について、約 9 割の人が「緊急事態宣言前から利用していた店」(60.6%)、「どちらかというと緊急事態宣言前から利用していた店が多い」(29.3%)と答えました。営業制限を余儀なくされ困っている飲食店を応援したいと考えている人が、多いことが伺える結果となりました。

一方外食を自粛している 4 割以上の人は、外食しなかった理由として「緊急事態宣言が出ているから」(59.5%)、「コロナ感染が心配」(51.4%)と回答しました。緊急事態宣言下では、原則的に外食しないようにしている人もいるようです。

 

FOOD
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント