ポーラ ミュージアム アネックス展 2021 –自動と構成- 3 月 18 日(木)から

ポーラ ミュージアム アネックス(東京・中央区銀座)では、「ポーラ ミュージアム アネックス展 2021 –自動と構成-」を2021年3月18日(木)から4月18日(日)まで開催します。

花房紗也香「Bath」 2020年 1940×3909mm 油彩、アクリル、ペン、テキスタイル、シルクスクリーン、キャンバス

本展では過去に公益財団法人ポーラ美術振興財団での若手芸術家の在外研修に対する助成に採択されたアーティストの作品を展示します。ポーラ ミュージアム アネックスでの作品発表を今後の活動に活かしていただきたいという趣旨により開催するものです。今回も昨年に引き続きポーラ美術館館長 木島俊介による監修のもと、前期・後期に分けて合計8名の作家をご紹介します。後期となる今回は「自動と構成」をテーマに上田暁子、倉和範、花房(鈴木)紗也香、山本しほりの作品を展示します。なお、この4名は3月18日(木)から21日(日)に国際フォーラムで開催される『アートフェア東京2021』にも出品予定です。

公益財団法人ポーラ美術振興財団による若手芸術家の在外研修に対する助成事業は、35歳以下のアーティストを対象に海外での研修を援助し、更に活発な創作活動を奨励しようとするもので、毎年実施されています。

∥ 展覧会概要 ∥
展覧会名:ポーラ ミュージアム アネックス展2021 – 自動と構成 –
会期:2021年3月18日(木) – 4月18日(日)【31日間】 *休館日:4月12日(月)
会 場:ポーラ ミュージアム アネックス(〒104-0061 中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階)
主催:公益財団法人ポーラ美術振興財団
開館時間:11:00 – 19:00  入場無料
※状況により変更になる場合がございます。最新状況はギャラリーHPやSNSでお知らせいたします。

∥ 監修者プロフィール ∥
木島 俊介:ポーラ美術館館長。1939年鳥取県生まれ。慶応義塾大学文学部卒業、美学・美術史専攻。フィレンツェ大学、ニューヨーク大学大学院、同美術史研究所に学ぶ。群馬県立近代美術館館長および群馬県立館林美術館館長、共立女子大学教授等を務め、現在、同大学名誉教授、東急文化村ザ・ミュージアム プロデューサー。
主要著書は、『美しき時祷書の世界』(中央公論社)、『アメリカ現代美術の25人』(集英社)、『女たちが変えたピカソ』(中公文庫)、『名画が愛した女たち 画家とモデルの物語』(集英社)、『クリムトとウィーン』(六耀社)、翻訳書に『ヨーロッパの装飾芸術 全3巻』(中央公論新社)など。

【ポーラ ミュージアム アネックス】
http://www.po-holdings.co.jp/m-annex/

CULTURE
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント