東京フィルハーモニー交響楽団が5月12日・13日・16日、⾸席指揮者アンドレア・バッティストーニの指揮で5月定期演奏会を開催

東京フィルハーモニー交響楽団は、2021シーズン5⽉定期演奏会(5月12日・13日・16日)を、⾸席指揮者アンドレア・バッティストーニの指揮で開催される。

マエストロ バッティストーニは4月に入国し、2週間の待機期間を経て5月4日に軽井沢大賀ホール春の音楽祭に出演いたしました。同じく出演を予定しておりました5月6日「休日の午後のコンサート」は緊急事態宣言により公演中止となりましたが、5月の定期演奏会には予定通り出演となる。

◎5月定期演奏会 開催のお知らせ
5月定期演奏会 開催のお知らせ | 東京フィルハーモニー交響楽団 Tokyo Philharmonic Orchestra 公式サイト (tpo.or.jp)

5月の定期演奏会は、アルゼンチンタンゴの巨匠アストル・ピアソラの生誕100年を記念し、彼の貴重なオーケストラ作品「シンフォニア・ブエノスアイレス」日本初演と、20世紀ロシアの巨匠プロコフィエフによるバレエ音楽『ロメオとジュリエット』からの抜粋をマエストロ自身のセレクトでお届けします。

「シンフォニア・ブエノスアイレス」は、フルオーケストラに2台のバンドネオンが加わるピアソラならではのオーケストレーション。日本を代表するバンドネオン奏者、小松亮太と北村聡を招いて日本で初めて演奏される本作は、クラシック音楽の領域でアルゼンチンタンゴの魅力を開花させようとしたピアソラの知られざる一面を見せてくれるでしょう。

『ロメオとジュリエット』は、文豪シェイクスピアの同名の傑作戯曲から生まれたバレエ音楽。バッティストーニの生まれ故郷、イタリアの古都ヴェローナを舞台にした“世界一有名な悲劇”の音楽が情熱的なタクトで奏でられます。世界がコロナ禍に苦しみ、人と人との触れあいさえ限られている今だからこそ、東京フィルは皆様の心に響く「生きた」演奏をお届けしてまいります。

公演情報

5月12日(水)19:00 東京オペラシティ コンサートホール
5月13日(木)19:00 サントリーホール ※予定販売枚数終了
5月16日(日)15:00 Bunkamura オーチャードホール
指揮:アンドレア・バッティストーニ(東京フィル首席指揮者)
バンドネオン:小松亮太、北村聡*

― 見果てぬ夢を ―
ピアソラ/シンフォニア・ブエノスアイレス~ピアソラ生誕100周年~(日本初演)*
プロコフィエフ/バレエ音楽『ロメオとジュリエット』組曲より

※開催にあたりましては東京都から発表された「5月12日以降のイベント開催制限等について」の指針に即し新型コロナウイルス感染予防対策を講じて開催いたします。ご来場の皆様は、ご来場前に必ず当団の実施する新型コロナウイルス感染予防策をご一読のうえ、徹底していただきますようお願い申し上げます。
https://www.tpo.or.jp/information/detail-20210309-01.php

※12日、16日公演は人数上限・収容率の条件に即し、当日券・当日学生券を販売いたします。販売席種等の詳細については東京フィルチケットサービスまたはウェブサイト等でご確認ください。
東京フィルチケットサービス 03-5353-9522 (10:00~18:00/土日祝休)

関連記事

5月定期、ピアソラ「シンフォニア・ブエノスアイレス」(日本初演)バンドネオン奏者発表!
マエストロ アンドレア・バッティストーニ ピアソラ「シンフォニア・ブエノスアイレス」日本初演によせて
https://www.tpo.or.jp/information/detail-20210430-01.php

マエストロ アンドレア・バッティストーニが語る 東京フィルとの『新しい景色』(2)
https://www.tpo.or.jp/information/detail-20210122interview-02.php

ONTOMO MAG 特集「ピアソラ」
「小松亮太が抱く危機感——ピアソラのルーツ「タンゴ」をこれ以上無視してはいけない」
https://ontomo-mag.com/article/interview/ryota-komatsu-tango-piazzolla202103/

出演者について

指揮者 アンドレア・バッティストーニ Andrea Battistoni
東京フィルハーモニー交響楽団 首席指揮者

東京フィル首席指揮者 アンドレア・バッティストーニ (C)上野隆文

1987年ヴェローナ生まれ。国際的に頭角を現している同世代の最も重要な指揮者の一人と評されている。2013年ジェノヴァ・カルロ・フェリーチェ歌劇場の首席客演指揮者、2016年10月東京フィル首席指揮者に就任。
『ナブッコ』、『リゴレット』(二期会)、グランドオペラ共同制作『アイーダ』のほか、ローマ三部作、『展覧会の絵』『春の祭典』等数多くの管弦楽プログラムで東京フィルを指揮。東京フィルとのコンサート形式オペラ『トゥーランドット』(2015年)、『イリス(あやめ)』(2016年)、『メフィストーフェレ』(2018年)で批評家、聴衆の双方から音楽界を牽引するスターとしての評価を得た。同コンビで日本コロムビア株式会社よりCDのリリースを継続している。
スカラ座、フェニーチェ劇場、ベルリン・ドイツ・オペラ、スウェーデン王立歌劇場、アレーナ・ディ・ヴェローナ、バイエルン国立歌劇場、マリインスキー劇場、サンタ・チェチーリア国立アカデミー管、イスラエル・フィル等世界の主要歌劇場・オーケストラと共演を重ねている。2017年には初の著書『マエストロ・バッティストーニの ぼくたちのクラシック音楽』(音楽之友社)を刊行。

バンドネオン (※シンフォニア・ブエノスアイレス)
小松亮太 Ryota Komatsu

小松亮太 (c)Yusuke Takamura

1973年 東京生まれ。国内はもとより、カーネギーホールやアルゼンチン・ブエノスアイレスなどで、タンゴ界における記念碑的な公演を実現している。アルバムはソニーミュージックより20枚以上を制作。「ライブ・イン・TOKYO~2002」が高く評価され、2003年にはアルゼンチン音楽家組合(AADI)とブエノスアイレス市音楽文化管理局から表彰された。今年3月に400ページを超える自身の著書『タンゴの真実』(旬報社)を刊行した。
オフィシャル・ウェブサイト https://ryotakomatsu.net/

北村聡 Satoshi Kitamura

北村聡 (c)植村元喜

関西大学在学中にバンドネオンに出合い小松亮太に師事、アルゼンチンでフリオ・パネのレッスンを受ける。世界各国のフェスティバルに出演。11年元ピアソラ五重奏団ピアニスト、パブロ・シーグレルのアジアチームに選抜される。14年東京オペラシティ リサイタルシリーズ「B→C」に出演、好評を得る。NHK「八重の桜」「あさが来た」「青天を衝け」、映画「そこのみにて光輝く」「イニシエーション ラブ」をはじめ様々な録音に参加している。

東京フィルハーモニー交響楽団

東京フィルハーモニー交響楽団 (C)上野隆文

1911年創立。日本で最も長い歴史をもつオーケストラ。メンバー約160名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。名誉音楽監督チョン・ミョンフン、首席指揮者アンドレア・バッティストーニ、特別客演指揮者ミハイル・プレトニョフを擁する。Bunkamuraオーチャードホール、東京オペラシティコンサートホール、サントリーホールでの定期演奏会や「渋谷/平日/休日の午後のコンサート」等の自主公演、新国立劇場等でのオペラ・バレエ演奏、『名曲アルバム』『NHKニューイヤーオペラコンサート』『題名のない音楽会』『東急ジルベスターコンサート』などの放送演奏の他、2020年にはドキュメンタリー番組『情熱大陸』や『NHK紅白歌合戦』にも出演。また、各地学校等での訪問コンサート等により、全国の音楽ファンに親しまれる存在として、高水準の演奏活動とさまざまな教育的活動を展開している。
海外公演も積極的に行い、近年では2014年3月のアジア・欧米6か国を巡るワールド・ツアー、そして2015年12月には日韓国交正常化50周年を記念してチョン・ミョンフン指揮のもとソウルと東京の2都市でソウル・フィルハーモニー管弦楽団と合同で「日韓友情『歓喜の第九』」演奏会を行い、国内外の注目を集めた。
1989年からBunkamuraオーチャードホールとフランチャイズ契約を結んでいる。東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。

◇東京フィルへのご支援をお願いいたします。◇
https://www.tpo.or.jp/support/support.php

東京フィル ウェブサイト
Homepage http://www.tpo.or.jp/

CULTURE
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント