金管アンサンブル「侍BRASS」デビュー15周年! 記念CD制作のクラウドファンディングが4月20日より開始


金管アンサンブル「侍BRASS」は、デビュー15周年の記念CD『扇の的』を、クラウドファンディング「Makuake」にて制作することが決定しました。

金管アンサンブル「侍BRASS」は、2021年8月にデビュー15周年を迎えます。

▼侍BRASS オフィシャルサイト: https://www.superkids.co.jp/samurai/

侍BRASSは、オーケストラとスタジオのトップアーティストがタッグを組んだ、ドリームブラスとしてデビューしました。コンサート、CDリリース、楽譜出版と、多くのアマチュアプレイヤー達からの支持を得ており、毎年夏に東京オペラシティ コンサートホールで行われるコンサートには、遠方からも多くのファンが詰め掛けます。

特にCDリリース、楽譜出版は、吹奏楽部の学生たちの憧れの存在として、更に音楽への興味を深めるきっかけとして、大きな役割を果たしてきました。

しかし、昨今の音楽CD売り上げ減少などの影響もあり、2016年に9枚目のCDリリースから新作CDのリリースは見合わせていました。

その間毎年、行われる公演では新しいCDを熱望する声を多くいただいていた事もあり、今回15周年記念CDをクラウドファンディングで制作することを決定いたしました。多くの皆さんのご協力を賜りたく、ご案内申し上げます。

▼侍BRASSとは

2006年8月5日、東京オペラシティ コンサートホールにてデビューした侍BRASSは、2021年8月にデビュー15周年を迎えます。

オーケストラとスタジオのトップアーティストがタッグを組んだ侍BRASSは、独創的なオリジナル曲に加え、美しいブラスサウンドに中川 英二郎とエリック・ミヤシロの超絶技巧が映える、これまでのブラスアンサンブルの世界にはなかった新たな可能性を広げてきました。また、一般的にブラスアンサンブルには不向きとされていたユーフォニアムも標準搭載し、作曲陣の巧みなアレンジと日本人唯一のユーフォニアム博士、齋藤 充の卓越した演奏により、ブラスアンサンブルの奥行きを深めるとともに、吹奏楽部のブラスセクションによるアンサンブル機会を創出してきました。

現在までに9枚のCDをリリース、また「侍BRASSシリーズ」楽譜として、ソロ~金打10重奏、また吹奏楽譜に編曲した楽曲など、約150種類の楽譜を出版。

▼デビュー15周年記念CD概要

15周年を迎える侍BRASSは、こうしたこれまでの取り組みを一層発展させるとともにブラスアンサンブルの新たな可能性をさらに広げていきたいと考えています。新たに制作する侍BRASS 第十録音集「扇の的」は、これまでの侍BRASSの活動を総括するとともにブラスアンサンブルの新たな切り口を提示していきます。

アルバムタイトル「扇の的」は、軍記物語の大作「平家物語」那須与一の伝説から名付けました。貴族のボディーガードととしてのさむらいが次第に力を持ち、いわゆる侍として最初にドラマが生まれた、「平家物語」をテーマとしました。那須与一は鏃(やじり)で扇の要を打ち抜きますが、侍BRASSはブラスサウンドで聴衆の心を打ち抜きます。

・DVDタイトル :侍BRASS第十録音集 扇の的(おうぎのまと)

・収録曲数  :13曲予定

・演奏    :侍BRASS

・予定販売価格:3,520円(10%税込価格)

・一般発売予定:2021年9月1日(水)

・発売先   :ズーラシアンブラスショップ、全国のCDショップ等

・クラウドファンディング運営会社 応援購入サイト「Makuake」

2021年4月20日13:00~2021年6月20日18:00

Makuake|オケとジャズのトップによる金管アンサンブル「侍BRASS」新作CD『扇の的』制作|Makuake(マクアケ)
プロジェクト概要 オーケストラとスタジオのトップアーティストがタッグを組んだ、金管アンサンブルチーム「侍BRASS」の10枚目のCDの制作プロジェクトです。 プロジェクト詳細 侍BRASSは、国内オーケストラの首席奏者達とスタジオ界のトッププレイヤーがタッグを組んだEuphonium搭載のドリームブラスとして200...

・リターン概要

CD内ブックレットにお名前を掲載するコースから、早割りなど6コースご用意しています。

■会社概要

商号 : 株式会社スーパーキッズ

所在地: 〒252-0318 神奈川県相模原市南区上鶴間本町4-49-7

代表 : 大塚 治之

設立日: 1989年12月

URL  : https://www.superkids.co.jp/

 

CULTURE
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント