東京都庭園美術館、「ルネ・ラリック 夏の扉―ガラスが彩る光の邸宅」を6月26日~9月5日に開催!


東京都庭園美術館は、「ルネ・ラリック 夏の扉―ガラスが彩る光の邸宅」を6月26日~9月5日に開催する。

アール・ヌーヴォーから、アール・デコにいたるフランス装飾美術を牽引し、旧朝香宮邸に参加した主要作家のひとりであるルネ・ラリック。

コロナ禍により、新しい生活様式が提唱されるいま、そのガラス作品を通して「生活の芸術(L’Art de Vivre)」を体現したラリックの芸術性と実業家としての革新性を紹介。北澤美術館コレクションに加えて、国内外の機関や個人所蔵の逸品を、アール・デコ様式の旧朝香宮邸ならではの空間とのコラボレーションによって展示される。

★東京都庭園美術館のラインアップはこちら
https://www.rekibun.or.jp/wp-content/uploads/2021/02/01_teibi.pdf

 

CULTURE
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント