村治佳織、ギターリサイタルの開催が決定!有名CM等メディアへの出演など、幅広く活躍する「旅するギタリスト」


『村治佳織 ギターリサイタル』がタウンニュースホール(神奈川県秦野市)にて8月21日 (土) に開催されます。チケットはカンフェティ(運営:ロングランプランニング株式会社、東京都新宿区、代表取締役:榑松 ⼤剛)にて3月29日(月)よりチケット発売開始です。
カンフェティで3月29日(月)10:00よりチケット発売開始
https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=60632&

公式ホームページ
https://townnews-entertainment.jp/
村治佳織 公式ホームページ
http://www.officemuraji.com/

小田急線「東海大学前」駅から徒歩1分。タウンニュースホール主催コンサートシリーズです。

■ 公演内容

演奏予定曲
・ブローウェル/舞踏礼賛
・ピアソラ/ブエノスアイレスの四季より
・唱歌/ふるさと

<村治佳織  プロフィール>

幼少の頃より数々のコンクールで優勝を果たし、ビクターより15歳でCDデビューを飾る。1996年には、イタリア国立放送交響楽団との共演がヨーロッパ全土に放送され好評を得た。フランス留学から帰国後、積極的なソロ活動を展開。N響ほか国内主要オーケストラ及び欧州のオーケストラとの共演も多数重ね、2003年英国の名門クラシックレーベルDECCAと日本人としては初の長期専属契約を結ぶ。受賞歴も多く、第5回出光音楽賞、村松賞、第9回ホテルオークラ音楽賞を受賞。2012年NHK-Eテレ「テレビでフランス語」や、 J- WAVE(FM)「三菱地所 CLASSY CAFE」のナビゲーターなど、多数の番組に出演。2017年11月、ベストドレッサー賞(学術・文化部門)を受賞。2018年9月にリリースした『シネマ』は、第33回日本ゴールドディスク大賞インストゥルメンタル・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞。2019年1月アランフェス協奏曲を連続4公演成功させる。6月には横浜開港記念式典での記念コンサートに出演し好評を博す。また、ブルガリ アウローラ アワード2019を受賞。12月には、サントリーホール・大ホールにてソロリサイタルを行い、満席の中成功を収めた。2021年5月公開、吉永小百合主演映画「いのちの停車場」でエンディングテーマを作曲。

◆村治佳織OFFICIAL HP http://www.officemuraji.com

■ チケット料金
前売: 9,000円(税込)
当日: 9,500円(税込)

主催: タウンニュース・エンターテイメント株式会社 / 協力: 株式会社T・H・T

CULTURE
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント