東京都庭園美術館、「建物公開2021 艶めくアール・デコの色彩」展を4月24日より開催!

東京都庭園美術館では、2021年4月24日(土)~6月13日(日)の会期で「艶めくアール・デコの色彩」展を開催いたします。本展は、年に一度の建物公開展です。朝香宮邸における「色」を切り口に、改めて朝香宮邸の魅力をお伝えし、たくさんの方に楽しんでいただきたいと思います。

●展覧会概要

華やぎの彩り、やわらかな光が差し込む邸宅―――
本展は、1933年に竣工した旧朝香宮邸(現・東京都庭園美術館本館)の建築としての魅力を存分にご堪能いただくため、年に一度開催している建物公開展です。これまで当館では、建物の歴史や室内装飾、建築素材や各部のディティールなど、異なったテーマを毎年設けつつ、多様な角度から建物公開展に取り組んでまいりました。本年、2021年は室内空間を演出する要素の一つである「色」を切り口に、アール・デコの色彩にスポットを当てます。

フランス滞在中、その様式美に魅せられた朝香宮夫妻は、帰国後自邸の建設に当たりアール・デコの精華を積極的に取り入れました。当時の最先端かつ最高級の素材や技法を用いて建てられた朝香宮邸には、漆喰天井の白色、漆が塗られた柱の黒色、建具に用いられたメタリックカラー、木材や石材の天然色、多彩なガラスが放つ透明感、そして窓辺から望む庭園の豊かな緑・・・華やぎと落ち着きを兼ね揃えたさまざまな色彩が存在し、約90年の時を経てもなお人々を魅了し続けています。

本展では、旧朝香宮邸における色彩に改めて注目し、これまで培った調査研究の成果を公開するとともに、建物公開展では恒例となる邸宅空間の再現展示を行い、往時の趣を呼び起こします。また、新館ではアール・デコ期の絵画や書籍等を展示し、その色彩の特長を展観します。

●基本情報

展覧会名:建物公開2021 艶(つや)めくアール・デコの色彩
会  期:2021年4月24日(土)–6月13日(日)
開館時間:10:00–18:00 *入館は閉館の30分前まで
休 館 日 :毎週月曜日 ただし5月3日(月・祝)は開館、5月6日(木)は休館
会  場:東京都庭園美術館 本館+新館
入 館 料:一般=1,000(800)円/大学生(専修・各種専門学校含)=800(640)円/中・高校生=500(400)円/65歳以上=500(400)円
※( )内は20名以上の団体料金
主  催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都庭園美術館
年間協賛:戸田建設株式会社、ブルームバーグL.P.
https://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/210424_0613_TheLustrousColorsofArtDeco.html

●本展のおすすめ

■光が差し込む“アール・デコの館”

家具調度を室内に誂え、普段は作品保護を目的に閉じられている窓のカーテンを開け放ちます。外の庭園を望みながら、やわらかな自然の光を感じる邸宅空間でゆっくりとした時間を過ごしていただきたいと思います。
展覧会会期となる春から初夏にかけては、桜が終わり、新緑が美しい季節が到来します。気候も良いこの時期に緑に囲まれた美術館にお越しいただき、芸術を、建築を、自然を、どうぞ満喫してください。

■テーブルセッティングをはじめとした情景再現

本展では、テーブルセッティングの展示を行います。その他、宮邸時代を偲ばせる情景再現から、往時のシーンに想いを巡らせることができます。その目で見る光景、細部からこだわりと熱意が伝わる造り、時の流れや歴史を感じる空気感、古い建物の香り。旧朝香宮邸の空間全体を楽しめるのは建物公開展ならではのひとときです。

■アール・デコ期の作品が並ぶ庭美コレクション

本展は、展示作品の大半を当館の所蔵作品で構成しています。本館では宮邸時代のオリジナルの家具を中心に、まるで邸宅の雰囲気に溶け込むかのような作品たち。一方、新館ではホワイトキューブの展示室に色彩豊かな絵画・工芸品・書籍等が並びます。また、新しく収蔵された作品もお披露目する予定です。ご覧いただく方の心に新たな彩りを、そんな機会になることを願っています。

CULTURE
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント