西島秀俊、「ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展 美しき棺のメッセージ」展覧会オフィシャルナビゲーターに


2021年4月16日(金)から6月27日(日)まで、Bunkamura ザ・ミュージアム(東京・渋谷)にて、「ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展 美しき棺のメッセージ」が開催されます。ヨーロッパ5大エジプト・コレクションに数えられるオランダ・ライデン国立古代博物館の約2万5千点にのぼる所蔵品の中から、人や動物のミイラや棺(ひつぎ)など、厳選した200点以上が来日します。

本展覧会のために、新たに人のミイラ3体を最新のCTスキャンにかけ、その体内からは、これまで見つかったことのない物体が発見されました。このスキャン結果を、本展では世界で初めて公開します。また、国内ではおそらく例がない、10数点の棺を立たせた状態で一堂に集結させ、立体的に展示します。これは非常に珍しい展示手法で、棺に取り囲まれるかのような圧巻の空間を演出します。

新たな展示演出に加え、最新の科学技術をも駆使し、医学的な知識やミイラづくりの過程、色やかたちに対する人々の美意識などまでも解き明かす、これまでの数あるエジプト展とは一線を画す展覧会となります。

この展覧会のオフィシャルナビゲーターに、俳優の西島秀俊さんが就任しました。西島さんはエジプトを2度訪れたことがあり、会場で貸し出しされる音声ガイドにもナビゲーターとして登場します。

展覧会の音声ガイドを務めるのは今回が初めてとなる西島さんは、「展覧会に来てくださった皆さんと新しい発見を一緒に体験していくようなものにしたいと思っています。」と意気込みを語っています。

【西島秀俊さんコメント】

「エジプトは、日本と文化も全く違い、謎めいていてドキドキするような、ミステリアスな印象でした。特にピラミッドが人工の建造物とは思えない、山みたいに巨大だったことが印象深いです。音声ガイドは、来てくださった皆さんと新しい発見を一緒に体験していくようなものにしたいと思っています。個人的には、神様の動物であるエジプトマングースの像が、かわいくて気になっています。」

【西島秀俊さん プロフィール】

俳優。2021年の公開待機作として、映画「ドライブ・マイ・カー」、劇場版「きのう何食べた?」などがある。エジプトを2度訪れ、ツタンカーメン王の墓内に入ったこともある。音声ガイドのナビゲーターを務めるのは本展が初めて。

【ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展 美しき棺のメッセージ 開催概要】
会期:2021年4月16日(金)〜2021年6月27日(日)
会場:Bunkamura ザ・ミュージアム(東京都渋谷区道玄坂2-24-1 B1F)
開館時間:10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
※金・土の夜間開館につきましては予定のため、変更になる可能性もございます。
休館日:4月27日(火)、5月18日(火)、6月8日(火)
入館料:一般 1,800円、大学・高校生 1,100円、中学・小学生 800円(前売券は各200円引き)
TEL:050-5541-8600 (ハローダイヤル)
展覧会公式サイト:www.leidenegypt.jp
主催:Bunkamura、東京新聞、フジテレビジョン、ライデン国立古代博物館

CULTURE
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント