江戸東京博物館、特別展「冨嶽三十六景への挑戦 北斎と広重」開催!


東京都江戸東京博物館(東京都・墨田区)では、このたび初の試みとして、館蔵浮世絵コレクションによる特別展「冨嶽三十六景への挑戦 北斎と広重」を開催いたします。

本展の主役は、風景画で双璧をなす葛飾北斎と歌川広重。見どころの一つは、北斎の代表作「冨嶽三十六景」全点展示です。展覧会の前半では、冨嶽に至る天才絵師北斎の20歳代後半から60歳代までの挑戦を作品からたどっていきます。一方、冨嶽が刊行したころ、広重は30歳代後半、ヒット作のない絵師にすぎませんでした。ここから広重の自分らしい風景画への挑戦が始まります。

現在、コロナ禍という未曽有の戦いが続いておりますが、皆さまに北斎と広重それぞれの挑戦と、その結実である名作の数々をお楽しみいただければ幸いです。

1.会期
令和3年4月24日(土)~6月20日(日)
開館時間:午前9時30分~午後5時30分※入館は閉館の30分前まで
休館日:毎週月曜日(ただし4月26日、5月3日は開館)
※会期中展示替えはありません。
※新型コロナウイルス感染症の状況によって、会期・開催時間を変更する場合がございます。最新の情報は当館のホームページでご確認のうえ、ご来館ください。

2.会場
東京都江戸東京博物館 江戸東京博物館 1階特別展示室

3.観覧料
一般1,000円(800円/800円)、大学・専門学校生 800円(640円/640円)、中学生(都外)・高校生・65歳以上 500円(400円/400円)、中学生(都内)・小学生500円(400円/400円)
※( )内は前売料金/20人以上の団体料金。消費税込。
※次の場合は特別展観覧料が無料です。未就学児童。身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付き添いの方(2名まで)。
※前売券は3月19日(金)から4月23日(金)まで、江戸東京博物館チケット売り場で販売。

4.主催
公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都江戸東京博物館、朝日新聞社

関連URL
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

CULTURE
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント