【公演Repo】広上淳一&京都市交響楽団、ミューザKAWASAKI で鳴り響いた古都の名門サウンド!

8月4日、夏のオーケストラの祭典「フェスタ サマーミューザ KAWASAKI 2021」
に京都市交響楽団が初参加。京都市交響楽団 常任指揮者 兼 芸術顧問で同楽団を長年牽引してきた
広上淳一の指揮で、古都の名門サウンドを聴いた。
特別客演コンサートマスターは、石田㤗尚。

前半は、「ブラームス:ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲」
京都市交響楽団は冒頭から充実して演奏で、ヴァイオリン黒川侑とチェロ佐藤晴真をサポート。若い二人の清々しい感性と京響の熱演に魅了された。

後半は「ベートーヴェン:交響曲 第3番「英雄」
開演前のプレトークで広上淳一は「温故知新。フルトヴェングラー、ワルター、カラヤンといった過去の指揮者の古き良き時代をゆっくり味わうような英雄にしたい。」と語っていたが、ダイナミックな指揮で、曖昧さがなくスケールが大きい音楽を長年連れ添った京響と創り上げた。

広上&京響の名コンビによる音楽は、付け入る隙は全くなく、メリハリがあり安定感抜群。
気持ちがよい古都の名門サウンドで観客を歓喜させた。

終演後、マエストロが拍手で呼び出されてソロ・カーテンコールに。
観客に笑顔を贈っていた。

©S.Aoyagi

■フェスタ サマーミューザ KAWASAKI 2021
京都市交響楽団

2021年8月4日(水) 19:00開演
(18:00開場/18:20~18:40プレトーク)
会場:ミューザ川崎シンフォニーホール

指揮:広上淳一(京都市交響楽団 常任指揮者兼芸術顧問)
ヴァイオリン:黒川 侑
チェロ:佐藤晴真

ブラームス:ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲
ベートーヴェン:交響曲 第3番「英雄」

◆フェスタサマーミューザ KAWASAKI2021 公式ウェブサイト
https://www.kawasaki-sym-hall.jp/festa/

コメント