映画 『砕け散るところを見せてあげる』、第6弾197秒ロングトレーラー解禁!



著名人からも絶賛され、主要都市の大型書店で、文庫売り上げランキング第一位が続出するなど発売時の注目度の高さが伺える竹宮ゆゆこの小説を原作とした映画『砕け散るところを見せてあげる』が、2021年4月9日(金)より全国公開いたしました!

本作は、アニメ「とらドラ!」「ゴールデンタイム」で知られ、言葉の軽快さで10代特有の空気感を表現し各世代から支持を集める竹宮ゆゆこの初の実写映像化作品です。W主演の中川大志、石井杏奈と、井之脇海、清原果耶、松井愛莉、北村匠海、矢田亜希子、木野花、原田知世、堤真一ら豪華キャストが出演する。

この度、SABU監督自らが編集・制作したスペシャルトレーラーの第6弾”197秒篇”が解禁となります。

今回解禁された”197秒篇”は、いじめに遭っている玻璃(石井杏奈)を、清澄(中川大志)が助けるシーンから始まり、「俺の父さんはヒーローだった」と、清澄の息子・真っ赤な嵐(北村匠海)が優しい口調で語りかける。学年全員からいじめられていると知り、玻璃の存在が気になる清澄。「ヒーローがヒーローでいるのに、理由なんか要るか?」「先輩、初めてかもしれません。
私、この道を行くのが、怖くない。」―徐々に心の距離を縮めていく二人だったが、次第に玻璃が抱えている”誰にも言えない秘密”に近づいていく。「これで完全に共犯者だな」「ここは、危ないから早く逃げて。」二人の背後に<恐るべき危険>が迫ってくる。「お前をもう絶対に、誰にも傷つけさせたりしない。」と全力で玻璃を守ろうとする清澄に降りかかる事件とは…。そして最後に「ヒーローは負けたりしない!絶対に!」という玻璃の悲痛な叫びで終わるこの映像は、これまでに5本公開されてきたSABU監督制作スペシャルトレーラーの締めくくりに相応しい迫力あるサスペンスシーンと、清澄と玻璃のお互いを思いやる気持ちがふんだんに収められている。“常識を覆す、衝撃の愛の物語”…ぜひ劇場で確かめて頂きたい。

【作品概要】
作品名  :映画『砕け散るところを見せてあげる』
公開時期 :2021年4月9日(金)新宿ピカデリー、イオンシネマ他にて全国公開中
出演  :中川大志、石井杏奈
井之脇海、清原果耶、松井愛莉 / 北村匠海、矢田亜希子、木野花 / 原田知世 / 堤真一
監督  :SABU
原作  :竹宮ゆゆこ『砕け散るところを見せてあげる』(新潮文庫nex)
※原作書影使用の際は、【©竹宮ゆゆこ/新潮社】をご記載くださいますようお願い致します。
主題歌  :琉衣「Day dream ~白昼夢~」(LDH Records)
配給  :イオンエンターテイメント

公式サイト :https://kudakechiru.jp/

©2020 映画「砕け散るところを見せてあげる」製作委員会

BROAD
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント