映画『えんとつ町のプペル』、興行収入20億客動員数150万人突破!


お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣原作で、2016年の発売以降、ロングラン大ヒットを記録し、累計発行部数69万部(2021年2月現在)という驚異的な数字を叩き出した話題の絵本「えんとつ町のプペル」。その絵本を原作とした、アニメーション映画『映画 えんとつ町のプペル』が、大ヒット公開中。(配給:東宝=吉本興業)

昨年12月25日に公開された本作は、公開から8週連続で観客動員数ランキング(*興行通信社調べ)にベスト10入りし、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞。名実ともに大躍進を遂げている本作が、ついに興行収入20億円/観客動員数150万人を突破した。
(興行収入:2,080,366,250円、観客動員数:1,505,165人/*2/15まで時点)

2月11日から始まった、スマートフォンアプリ「HELLO! MOVIE」を使用した【西野亮廣による副音声付き上映第二弾】も大好評で、多くのリピーターが劇場に足を運んでいます。まだまだ、話題沸騰中の『映画 えんとつ町のプペル』に引き続き、注目したい。

◆信じれば、世界は変わる。大人も泣ける大ヒット絵本、ついに映画化!

いつも厚い煙に覆われ、空を見あげることを忘れた「えんとつ町」を舞台に、星を信じる少年ルビッチと、ハロウィンの夜にゴミから生まれたゴミ人間プペルが「星を見つける旅へと出る、もう一歩踏み出したいすべての人に贈る、感動の冒険物語。製作総指揮・脚本・原作を西野亮廣が務め、アニメーション制作には圧倒的クオリティと世界観で世界中に多くのファンを持つSTUDIO4℃。設定開発にとことんこだわり、町の創設からエネルギー構造までを再構築し、ファンタジックな町並みと魅力的なキャラクターを立体的に映像化。今、頑張っている全ての人に贈る、この冬一番の感動作!

⬛タイトル:「映画 えんとつ町のプペル」
⬛声のキャスト:窪田正孝、芦田愛菜、立川志の輔、小池栄子、藤森慎吾、野間口徹、伊藤沙莉、宮根誠司、大平祥生(JO1)、飯尾和樹(ずん)、山内圭哉/ 國村隼
⬛製作総指揮・原作・脚本:西野亮廣
⬛監督:廣田裕介
⬛アニメーション制作:STUDIO4℃
⬛製作:吉本興業株式会社
⬛配給:東宝=吉本興業

©西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会

BROAD
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント