IKKOと語る「HONDA発電機Presents IKKOのちょっとちょっと聞いて 防災特番」放送

全国78局のコミュニティFMで放送されているタレントIKKOの番組「IKKOのちょっとちょっと聞いて」の防災特番。一番身近な地域情報を伝えるメディアであるコミュニティFMが各種災害時にどのように地域住民に必要な情報を届けたのか。過去の実例をもとにIKKOさんとともにリスナーと共有し、東日本大震災10年を気に改めて防災意識高揚に寄与する番組を放送します。今回はJAGAを含む81局に拡大して放送します。

以下、詳細となります。

IKKOさんと語る 全国コミュニティFM81局ネットワーク「HONDA発電機Presents IKKOのちょっとちょっと聞いて 防災特番」放送〜震災10年の節目にIKKOさんと地域防災について改めて考える〜

(株)エフエムおびひろ/JAGA(本社:北海道帯広市)は、「HONDA発電機Presents IKKOのちょっとちょっと聞いて 防災特番」を制作し、JAGAを含む全国81局のコミュニティFMとともに放送致します。

【URL】https://www.ikko-kaiun.com/

防災特番詳細

現在放送中の「IKKOのちょっとちょっと聞いて」は、リスナーからのお悩み相談と各地のコミュニティFMが体験した災害について共有する防災コーナーで構成。IKKOさんならではの優しく、それでいてズバッときりこむお悩み相談と、リスナー目線で共有する防災コーナーで人気を博してきました。

同じ災害でも住んでいる地域によって必要な情報は異なり、地域にピンポイントで必要な情報をカバーしてきたコミュニティFMが、改めて地域住民に寄り添った防災への取り組みについてトークします。少しとっつきにくい感のある防災に関して、リスナー目線でIKKOさんがわかりやすくお届けします。

防災特番実施の背景

災害に対する意識が高まるこのタイミングで、改めて自分ごととして災害に対して考える事が必要だと考えました。災害はその地域によって課題や持つべき意識が違います。概論としてではなく身近に感じてもらうには、実際に大きな災害時にその地域に特化した情報を流し続けたコミュニティFMならではの体験を共有することが我々の使命ではないかと考えました。IKKOさんとともに、そこで湧き上がる疑問や気持ちを共有することで、これからの防災に対して個々のリスナーに響く番組を企画しました。

番組進行概要

・2011年東日本大震災 FMあおぞら(宮城県・亘理町)代表取締役 吉田 圭 氏
・2019年房総半島台風 いちはらFM(千葉県・市原市)代表取締役 御園生 賢司 氏
・災害時の電気について ホンダパワープロダクツジャパン 井上 泰輔 氏
・2018年胆振東部地震 FMびゅー(北海道・室蘭市)代表取締役 沼田 勇也 氏
・2021年福井豪雪 たんなん夢レディオ(福井県・鯖江市)営業企画制作 石川 優也 氏
・地域防災総括 日本赤十字北海道看護大学災害対策教育センター 薬学博士 根本 昌宏 氏

【防災特番概要】
特番名:HONDA発電機Presents 「IKKOのちょっとちょっと聞いて」 防災特番
放送日:2021年3月11日~3月16日
番組URL: https://www.ikko-kaiun.com/

 

BROAD
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント