第41回日本SF大賞に、菅浩江さんと 林譲治さんが受賞決定!

一般社団法人 日本SF作家クラブは、ピクシブ株式会社・株式会社ブックリスタ協賛のもと、日本SF大賞を主催しています。

このたび第41回日本SF大賞が決定したとの連絡が入りました。以下、詳細になります。

【大賞】『歓喜の歌 博物館惑星Ⅲ』菅浩江(早川書房)

【大賞】《星系出雲の兵站》全9巻 林譲治(ハヤカワ文庫JA)


第41回日本SF大賞は、2019年9月1日より2020年8月31日までの間に発表されたSF作品の中から、もっとも優れた作品に贈られるものです。
2020年2月20日、Zoomで行われた選考会(選考委員:日下三蔵・小谷真理・白井弓子・三雲岳斗・森岡浩之の各氏)の結果、受賞作は以上のとおり決まりました。
なお功績賞が、故・小林泰三氏に贈られます。

贈賞式は、2021年4月17日(土)、オンラインで行われます(開始時刻は後日発表します)。
大賞受賞作には正賞として賞状とトロフィー、副賞として賞金100万円(但し、受賞が複数の場合は等分)が贈られます。また、特別賞、功績賞には正賞として賞状とトロフィーが贈られます。

受賞者プロフィール

【大賞】菅浩江(すが・ひろえ)

1963年生まれ、京都府出身。57歳。高校在学中の80年に、同人グループ「星群の会」のオリジナル・アンソロジーに発表した短編「ブルー・フライト」が、矢野徹の推薦で「SF宝石」81年4月号(光文社)に転載されデビュー。89年にソノラマ文庫から『ゆらぎの森のシエラ』を刊行し、本格的な作家活動に入る。92年に『メルサスの少年』(新潮文庫、91年)で第23回星雲賞日本長編部門、93年に「そばかすのフィギュア」で第24回星雲賞日本短編部門を、2001年に『永遠の森 博物館惑星』(早川書房、00年)で第32回星雲賞日本長編部門、第54回日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門を、14年には『誰に見しょとて』(ハヤカワSFシリーズJコレクション)で第13回センス・オブ・ジェンダー賞をそれぞれ受賞。『永遠の森 博物館惑星』は第21回、『誰に見しょとて』は第35回の日本SF大賞最終候補作にもなっている。現在、東京創元社のウェブマガジン「Webミステリーズ!」にて、「妄想少女」を連載中。収益テストとしてnoteを更新中。

菅 浩江|note
SF作家 星雲賞(複数回)日本推理作家協会賞等、種々受賞歴あり。大学講師。お国関係の委員も2件ほど。 今回、noteは収益テストとして使用します。収入に結びつかないようなら終了、ご支持いただけるようならどんどん発展させていきたいと考えていますので、よろしくお願いします。

【大賞】林譲治(はやし・じょうじ)

1962年生まれ、北海道出身。59歳。北海道大学医療短期技術大学部卒業後、臨床検査技師を経て、95年、『大日本帝国欧州電撃作戦』(高貫布士との共著/飛天ノベルズ)で作家デビュー。以後、主に架空戦記小説で活躍する。99年から『機動戦士ガンダム』シリーズのノベライズ(角川スニーカー文庫)を手掛け、2000〜01年にハルキ文庫から刊行した《那国文明圏》シリーズ第一作『侵略者の平和』で本格的にSFに進出。他の作品に『大赤斑追撃』(徳間デュアル文庫、01年)、『ウロボロスの波動』(ハヤカワSFシリーズJコレクション、02年)、『進化の設計者』(ハヤカワSFシリーズJコレクション、07年)、『キャプテン・リリスと猫の宇宙船』(朝日ノベルズ、10年)などがある。18年から20年まで、第19代日本SF作家クラブ会長を務めた。21年からハヤカワ文庫JAで新シリーズ『大日本帝国の銀河』をスタート。現在1巻まで刊行ずみ。

 

BOOK
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント