「SEKAI NO OWARI」Saoriこと藤崎彩織、最新エッセイ「ねじねじ録」を文藝春秋digitalで連載スタート


2021年3月3日(午後6時)から、人気バンド「SEKAI NO OWARI」Saoriこと藤崎彩織さんのエッセイ「ねじねじ録」の連載を「文藝春秋digital」(https://bungeishunju.com/m/m90004adde5d7)で、スタートします。

鮮烈なデビュー小説『ふたご』が直木賞候補となり、その文筆活動にも注目が集まる藤崎さん。日常の様々な出来事やバンドメンバーとの交流、そして今の社会に対して思っていることなどを、藤崎さんらしいユーモアと鋭さのある筆致で綴っていただきます。

配信は、不定期水曜日の午後6時を予定しています。連載の開始を記念して、第1回は3月3日から1週間、無料で公開いたします。藤崎さんの新たな一面にぜひご期待ください。

■サイトURL https://note.com/m_bungeishunju/n/n174c673833eb

■著者・藤崎彩織 プロフィール

1986年大阪府生まれ。2010年、突如音楽シーンに現れ、圧倒的なポップセンスとキャッチーな存在感で「セカオワ現象」と呼ばれるほどの認知を得た四人組バンド「SEKAI NO OWARI」ではSaoriとしてピアノ演奏を担当。研ぎ澄まされた感性を最大限に生かした演奏はデビュー以来絶大な支持を得ている。初小説『ふたご』が直木賞の候補になるなど、その文筆活動にも注目が集まっている。他の著書に『読書間奏文』がある。

撮影 長峰拓也

 

BOOK
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント