「愛の不時着」「梨泰院クラス」で、ヒョンビンや、パク・ソジュンが作ったあの一皿を自宅で

『ヒゼ先生の無性に食べたくなる!韓国ドラマの定番ごはん』が3月1日(月)に発売いたします。

韓国ドラマの世界をより魅力的に彩るのが数々の「韓国料理」。韓国ドラマには食事のシーンが多く登場するので、つい食欲を刺激され「食べてみたい」「作ってみたい」と思う方も多いことでしょう。

本書は、「愛の不時着」の「グッス」「おこげ」、「梨泰院クラス」の「タテギ」「豚モヤシ炒め」「スンドゥブチゲ」、「知っているワイフ」の「韓国風トンカツ」、「サンガプ屋台」の「タコ炒め」、「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」の「クッパ」、「彼女はキレイだった」の「キンパ」など、韓国ドラマ18作品に出てくる料理を、自宅でも作れるようにレシピとして紹介した一冊。韓国料理に欠かせない韓国独自の調味料やお酒に合うおつまみ、韓国料理食材などもコラムで解説しています。

著者は、日本に留学経験があり、日本人観光客にも人気の韓国料理教室をソウルで運営するヒゼ先生(チェ・ヒゼさん)。ヒゼ先生のオリジナルレシピで韓国ドラマの一皿を味わえば、今よりもっと韓国通になれるはず!

ドラマに出てくる韓国定番料理から、印象的なあの料理まで。自宅でドラマの雰囲気を味わう

■​「愛の不時着」16話から「グッス」
北朝鮮に帰る前、ジョンヒョクは不規則な生活を送るセリを心配し、「おこげ」と「グッス」のレシピを記したメモを冷蔵庫の扉に貼っておく。それを見たセリは嬉しさと共に、寂しさを募らせる。

◎フライパンで香ばしい香りが立つまで炒めた煮干しを使って、だしを取るところからスタートすれば本格的な味に近づく。

書誌情報 ​

タイトル:ヒゼ先生の無性に食べたくなる!韓国ドラマの定番ごはん
著者:ヒゼ先生
定価:1,760円(10%税込)
発売日:2021年3月1日
判型、ページ数:A5判、128ページ
ISBN:978-4-19-865267-8
★電子書籍もあり

◎目次
はじめに
1章 ドラマに出てくる韓国定番料理10
2章 ドラマの中で光るあの韓国料理10
3章 おいしい!韓国の麺&ライス8
4章 手間がかかるのがおいしい!手作りキムチの料理と鍋8
5章 一瞬で韓国風になる!おいしい万能ダレ5
6章 忙しいときのとっておき韓国の常備菜6
ヒゼ先生のお料理教室
終わりに
コラム1~6ヒゼ先生(チェ・ヒゼ)

著者プロフィール

ヒゼ先生(チェ・ヒゼ)
服部栄養専門学校卒業後、韓国・ソウルの淑明女子大学校大学院にて伝統食生活文化課程修了。宮廷飲食研究院では伝統飲食文化課程修了。韓国で自身のレストラン経営をする傍ら、個人経営レストランのコンサルタントやメニュー開発などにも携わる。現在は、玉水(オッス)にて韓国料理教室「one day cooking class」(日本語可)を運営するほか、現代デパートソウル店でもレッスンを行っている。

HP:http://hizesensei.com/

BOOK
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント